人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日之影へ帰ろかな

<日之影へ帰ろかな>   ★「北国の春」替え歌

丹助 高城 矢筈岳

つつじ咲く あの山 日之影の ああ日之影の春

今年も祭りで 煮しめがでるだろな

ぜんまい たけのこ 山の恵みよ

あの故郷へ 日之影へ 帰ろかな


龍天 天翔 青雲橋よ

鮎光る せせらぎ 五ヶ瀬川 ああ日之影の夏

まぶたを閉じれば 今も聞こえる

鉄橋渡る ディーゼルの音

あの故郷へ 日之影へ 帰ろかな


田圃の 実りは 黄金色

谷川を 流れる もみじ葉よ ああ日之影の秋

そろそろ 夜神楽の 季節が来るな

母さんの顔が 心に浮かぶ

あの故郷へ 日之影へ 帰ろかな


by kimiyone-chan | 2019-07-27 21:38 | Comments(0)

ここで「日之影町」という町名を考えてみたい。

「影は影であって陰ではない」と町誌に書かれてあるそうだが、そのことをもっと掘り下げて、喚起して欲しい。影は本来”月影””星影”などのように”光”という意味を持っている。我町は日の光の町なのだ。岩井川村と七折村が合併して「日之影町」となった経緯をもっと世間に知らしめて欲しい。中央地区役場は、まさに「日之影町発祥の地」である。

その「日之影町発祥の地」で毎月一回、何らかのイベントをしたらどうだろうか。大きい花火を一発ド~ンと上げるより、同じ予算なら小さい花火を何発も上げて、「あそこは何か面白そうなことやっているよね」「今度行ってみようよ」「なんか住み安そうだね」「転居してみようか」などと、繋がるととを妄想している。


何事かをはじめようとする時、皆の関心と、継続的な協力を得るのは、とても難しいことです。私のブログに妹の赤星たみこがコメントを寄せてくれました。

”昨日見たテレビで、鹿児島の川内川で、地元の人が蛍を見る船を毎年出していて、それに観光客がたくさん来てくれている、というのをやっていました。

最初に始めた人は、何か町おこし的なものをやりたいと思っていたけれど、どうしていいかわからず、相談した人に「バカを三人集めなさい」と言われたそうです。

一人では進まないけど、やれるかどうかわからないことでもやってみよう!と思う「バカ」を三人集めれば、ものごとは進む、ということだと思った。”

やれるかどうかわからないことでもやってみよう!しかも楽しんで!


by kimiyone-chan | 2019-07-26 07:14 | Comments(0)

人口減少で子供の数が減っているので、山村留学などという方法もあるが、子供より親にきてもらわなくては解決にならない。親が働いて、納税してもらはなくては、いつまでたっても、町民税や健康保険料、介護保険料が高くて困る。


まずは住む所。空家は早急に対策してもらいたい。独居老人と一緒に住むアパートは無理か.
仕事。 最先端のITとか私にはよく分からないが、林業、農業等とその加工品の製造。自然をいかした観光。高齢化で福祉の仕事も必須だろう。若い世代はどんな仕事がしたいのだろうか。率直な意見が聞きたい。


飲食を提供する時、プラスチィック容器は、できるだけ使わないでもらいたい。食器は不ぞろいでも、空家、個人宅に無尽蔵にあるはずだ。それを石鹸(合成洗剤ではない)で洗いながら使えばいい。ポリ袋も紙に変えるとか自然に配慮する姿勢も示した方がいい。こんな小さな町から、CO2の削減や、環境に配慮した取り組みをしていりるというのは、いい宣伝になる。


インターネット環境のは、充実しなければならない。それ以外は”ちょっと不便だけど、慣れてしまえば、心地いい”という暮らしを提案したい。


by kimiyone-chan | 2019-07-25 08:58 | Comments(0)

空家対策。中央地区には現在 何戸の空家があるのだろう。現に私の実家も主はいるものの、空家といえば空家だ。実家には仏壇があり、季節外の家電・衣類・布団等が置いてある。家具調度品は処分することが出来ても、仏壇はどうしていいか分からない。遺品処理をしてくれる仕事もあるらしい。フィリピンで競売されているのをTVで見たことがある。そこで役場跡地に、宗派関係ない納骨堂を作ったらどうだろうか。捨てられない物はトランク・ルームがあるといい。不用品は無償で提供してもらって、毎月バザーをひらいてもいいし、チャリティの店を作ってもいい。


空家は、持ち主の承諾が得られれば、A解体する B再利用する。


Aは更地にして家を建てるなり(家を建てるなら、合併浄化槽が必要)、駐車場にするなり、公園にして花を植えるなりする。記念樹があるように花壇も名前をつけて管理費を頂くのもいいかもしれない。B元飲食店舗だったら設備が再利用できるかもしれない。近頃はリノベーションがはやっているので、若い世代に自由にやってもらってもいい。たとえば公共のトイレとか、バス停とか小さな建物で、その外壁のペンキ塗りなどは人を集めて手伝ってもらうといい。トムソーヤだかハックルベリーだったか、いやでいやでたまらなかった壁塗りを、口笛を吹きながら楽しそうにやっていたら、人が集まって来て、そんなに楽しいのなら自分もやりたいと手伝ってくれて、仕事が早くすんだという話がある。


by kimiyone-chan | 2019-07-24 13:27 | Comments(2)

観光客を誘致したら、食べて、お土産を買って、泊まってもらわなければならない。なにがしかのお金は使ってもらいたい。いまある飲食店の他に甘味処(カフェ)などあるといい。道の駅のようなお土産屋さんもいい。地場の竹細工、わら細工、野菜、お菓子等、商品開発は若い世代に任せたい。ただ、店員教育は徹底したほうがいい。田舎の素朴な感じは残しつつ、テキパキとした対応を望みたい。


外国人観光客も増えるだろう。言葉とキャッシュレス対応もしなければならない。宿は現在の宿に加えて、”BB” ベッドとブレックファースト方式にして、お風呂はシャワーのみ。湯船にゆっくり浸かりたい人には、日之影温泉の割引券を発行する。朝食は飲食業組合にお願いしたい。

元町立病院の上の部分は病室だったので、客室として再利用することは出来ないのだろうか。竹細工資料館も宿になりそうな気がするが、どうだろうか。


現在の竹細工資料館は、いつでも見学できる状態にない。役場跡地に役場出張所、観光案内所等があり、管理できる方がいい。


by kimiyone-chan | 2019-07-22 21:27 | Comments(0)

日之影の道路は細くて、曲がりくねっている。すごく田舎だと思うけど、これは一つの魅力になると思う。時速30kmでもスピード感がある。くねくね曲がった先になにがあるんだろうと、ワクワクする。ひとつのアトラクションのような面白さがある。ただ安全のために、離合する場所の設置と草刈は頻繫にしなければならない。運転に自信のない人はスマイルバスの利用をすすめる。役場跡地は見立や鹿川への観光の拠点になる。


私は日之影の中央地区に育ったので、生まれた町の隅々を知らない。岩井川の奥のほうはどうなっているのだろう。同じ小学校・中学校に通ってきている友達は沢山いたけど、どんな場所で生活していたのか、ほとんど知らない。自動車の運転に自信があれば出かけるのだけど、尻込みしてしまう。そこでスマイルバス。往復600円で連れて行ってくれる。

3~4年前、母と妹と三人で見立へ行ったことがあった。普段通る道路とは違う道をバスが登っていくので、面白かった。小さなバス停に「小学生待合所」と書いてあったので、小学生は何人くらいいるのですかと運転手さんに尋ねたら、もう何年も小学生も中学生もいないとのことだった。その土地土地のちょとした話を地元の人に聞くのは面白い。山の名前とか、聞いてもすぐ忘れてしまいそうなことでも、なにかしらの記憶に残るだろう。運転手さんに運転中に話しかけたら迷惑ですかと尋ねたら、大丈夫だということだった。

人は生まれ育った場所を、もっと知りたいのではないだろうか。スマイル・バスはわが町を知るためのツールになる。わが町を知ったら誰かに教えたくなるだろう。そして誰かを誘いたくなるだろう。


by kimiyone-chan | 2019-07-20 13:43 | Comments(0)

現在の日之影町役場は、耐震診断の結果、取り壊されることになっている。体育館と研修センターはそのままでもいいそうだが、町民の希望があれば、両方とも取り壊すことも可能だそうだ。そこで役場跡地の利用を考えなければならないのだが、またまた妄想が膨らんでしまった。体育館は体育館としての機能温存のため壊さない。研修センター、独身寮、パチンコ屋跡は壊す。研修センタの機能は、役場出張所と合併して新たに作る。


現役場は日之影大橋より低くなっていて、車の出入りにも不便なので、高千穂アズーロの駐車場のように地下駐車場にして、その上(橋と同じ高さ)を利用する。青雲橋から見える所に、シンボルになる緑の三角屋根を作る。なにか建物を作るより、急な雨に対応できるような大屋根があるといい。高森町の”うまや”のテラスの屋根のようにいぶした竹を敷き詰めて、その上にビニール・シート(テント地)をのせただけでもいい。屋根の勾配をギザギザにつけると、山並みのように見えるかもしれない。ビニール・シートだけだと上から見た時に味気ないので、そこには緑の瓦なんかのせると、緑の三角屋根に見えるかもしれない。始めから大きく作らないで、必要に応じてテントを手動で引き出せると面白いかも。


大屋根の下では出店も出来るように、ブースを作り、それぞれに水道、ガス、電気を埋設しておくといい。飲食用のテーブル、椅子等は、研修センター兼役場出張所に保管(この建物は是非必要!)役場跡地はスポーツを中心に展開するといいと思う。ロック・クライミング。屋外のバスケット、川もあるから流れるプール。リフティング。いかだ下り。でも川遊びは、鮎釣りのお客さんにも配慮しなければならない。マイナーなスポーツの方が需要があるような気がする。聞いた話によると、日之影温泉は捨てている温泉があるそうだ。それなら二つ目の温泉が役場跡地にもあるといい。


by kimiyone-chan | 2019-07-19 15:49 | Comments(0)

毎年3月に、東日之影の福田酒店前の坂道で、「竹とうろうまつり」がある。青竹を斜めに切ったり、模様をくりぬいたりして、その中にろうそくを灯す。とても幻想的で美しい。この灯りが青雲橋からも見られるといいと思う。橋の欄干、五ヶ瀬川の堤防の上、お寺の階段、高千穂鉄道の鉄橋の上、活性化センターから上日之影へ続く道。西日之影の川沿い。活性化センターの屋上。町全体が小さな点で繋がって、やがて一本の線になり、面になる。現在は振る舞いなどで飲食は無料だと思うが、いずれは食べ物・飲み物・お土産なども販売して、収益を得ないとイベントを長く続けることは難しいと思う。準備から後片付け大変だと思うが、他地域から若い人の応援をお願いしてもいいと思う。竹とうろう作りをワークショップにして、参加費を頂くのもいいかもしれない。千葉県勝浦市の神社の階段に飾られたお雛様、雨の日はどうしているのだろう?  


by kimiyone-chan | 2019-07-18 09:30 | Comments(0)

役場を囲む集落、新日之影、西日之影、東日影を結ぶ三つの橋を歩くと、約1kmの散歩コースになる。川下に向かって日之影小学校、神影、神影大橋を渡って、竹の瀬、温泉駅、下日之影、東日之影を8の字に歩くと約4・5kmのコースになる。高低差も少なくウォーキングには丁度いいと思う。ただ歩くだけではなく、所々に足を止めて見るものがあるといい。道祖神とか、田のかんさーとか、かかしとか、ベンチがあって周りの風景を眺めてもいい。小学生が描いた絵を展示してもいい。その土地の伝承とかを示す看板があるといい。沢蟹のいる沢に手を入れて水の冷たさを感じてもいい,飲めたらもっといい。お土産屋さんとかカフェとかあるといい。竹の瀬は昭和な感じが残っている。100円の無人野菜売り場ならすぐにできるかもしれない。神影は2005年の水害にあって復興した地域、その経緯を看板にしてもいい。


歩くだけではなく自転車もいい。曜日午後時からのBS1で「チャリダー」という番組を放映している。自転車愛好家はたくさんいるものだと思う。観音坂は無理だとしても、大人への坂は自転車でも魅力的だと思う。そのまま高千穂を目指してもいい。


2005年の台風14号で、旭化成の発電所前にかかっていた鉄橋が取り外されてしまった。この鉄橋が残っていたら、その上を遊歩道にして、七折から岩井川そして八戸へウォーキングしたり、サイクリングしたりできたのにと思う。それなら、つり橋を架けたらどうだろうか。ゆらゆら揺れるつり橋は面白いと思う。沈下橋のように川面すれすれの橋でも面白いと思う。



by kimiyone-chan | 2019-07-16 16:37 | Comments(0)


日之影町役場が宮水へ移転し、2021年(令和3年)4月より始動することになった。役場跡地の利用について、「中央地区活性化委員会」が立ち上げられた。その話し合いに参加してきて、いろいろ思ったこと(妄想したこと)を書き連ねてみたいと思う。他の人の意見も取り入れた、あくまで思いつき(妄想)ですけど。


高千穂峡は、宮崎県で一番の観光地と言われている。町の中心地から坂を下って、高千穂峡(川)に至る。この構図は日之影町も同じだ。宮水地区から観音坂を下って五ヶ瀬川に至る。ここに何かピカット光るなにかがあれば、人(観光客)は降りてきてくれるはずだ。しかも観音坂のほかに、大人回り、平底回り、八戸回りの道もある。


青雲橋から中央地区を見下ろすと、なにやら魅力的な町並みが見える。五ヶ瀬川と日之影川が交わって豊かな水の流れがある。切り立つような山肌は緑で輝いている。由緒ありげなお寺の建物があり、緑の三角屋根の役場や体育館が見える。川下には発電所前の橋がかかり、「渓谷と橋の町」だと実感する。川沿いの家々は温泉地のような風情がある。廃線になった高千穂鉄道の鉄橋が見える。


ここに季節折々の花が咲き乱れていたらどうだろう。山の桜や紅葉、椿。堤防上や鉄橋の上の菜の花、芝桜。花は多年草で毎年咲いてくれる方がいい。菜の花や椿の実から油を絞れるともっといい。川にはボートを浮かべるといいと思う。高千穂峡はGWなど2時間待ちだと聞いているが、ここではそんなことはない。でも、住宅地で人目が気にならないとも限らないので、ボートは旧吾味駅のあたりがいいと思う。吾味駅周辺の再開発を熱望している。



by kimiyone-chan | 2019-07-14 20:25 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan