<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

告別式 お礼の言葉

本日6月30日は 姑 工藤ハツヨの葬儀でした。台風7号接近の中、たくさんの人達にお参りいただきました。
葬儀の最後に夫が「お礼の言葉」を述べましたので、ここに書き記します。

本日はお忙しい所、ご会葬いただきましてありがとうございます。また故人が生前中は皆様にお世話になり、厚く御礼申し上げます。

私の母は、昨年11月18日脳梗塞で倒れ、川南の病院で療養中でありましたが、6月28日午前5時25分 満101歳をもって永眠いたしました。母は袴谷の中山家の12人兄妹の次女として生まれましたが、実質的には長女の存在でした。

昭和16年父と結婚しましたが、ほどなく父はフィリピンに出征しました。父が生きて帰ってきてたおかげで、昭和24年に私が、26年に妹が生まれました。当時はどの家庭も同じだったと思いますが、大変貧乏だったと記憶したいます。それでも笑があり、楽しかったと記憶しています。

母は大変頑張り屋で、ゲートボールや三味線を趣味として、周りの人達と楽しい時を過して参りました。また人をまとめるのが好きだったようで、輪の中でいきいきと表情を輝かせていたものです。

母を語る上で欠かせないのが、”頑張り屋さん”だったこと。思い浮かぶエピソードはいくつもありますが、父と畑仕事に励んでいたとこが、特に忘れられない思い出になっています。

仲睦まじい夫婦でしたので、きっと先に行った父の元へ、迷うことなく真っ直ぐに向かうことでしょう。
「母ちゃん、ありがとう!父ちゃんが、待っちょるばい!」

残された家族一同 故人の遺志にそうよう努めていくつもりです。皆様には故人同様のお付き合い、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。最後に組内の皆様には先日より葬儀に対し、ご苦労いただき、厚く御礼申し上げます。簡単ではございますが、お礼の言葉と致します。
                                                     以上



[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-30 20:30 | Comments(0)

ほたるの一生

6月の楽しみは、「梅仕事」と「ほたる狩」だ。

日之影にUターンして始めての6月に、日之影の追川地区で、乱舞するほたるを見た。その感動が忘れられなくて、毎年楽しみにしていたのだが、年々数が少なくなって、がっかりしていた。

ところが今年は「いっぱいいるよ」との情報だった。しかし、夕方6時ころまでは晴れているのに、薄暗くなると音を立てて雨が降り出すことが多く、残念だった。

12日はようやく雨が降らなかったので、まだ明かりの残る7時くらいに出かて、じっとまっていたが、少し肌寒く風もあったので、思った程ではなかった。翌日はすっかり暗くなった8時頃に出かけたら、いつもよりたくさんのほたるを見ることができた。でも20代のころ長谷川で見たほたるには及ばなかった。

なんとなく知っていそうで知らない「ほたるの一生」をネットで調べてみた。

産卵(6月)

ホタルのメスは、成虫になってからすぐに卵を産めます。1匹から約5001000個の卵を水辺の湿ったコケなどに産み付けます。

ふ化(7月/卵期間約1ヶ月)

ほぼ1ヶ月でふ化します。ふ化したらすぐに水中に入ります。

幼虫(8月~来年4月/水中生活約9ヶ月)

幼虫は、約9ヶ月間水の中でかわになをモリモリ食べて成長します。

さなぎ(5月/地中生活約40日)

雨上がりの湿った土に上がり、土のうを作りさなぎになります。

成虫(6月/飛翔)

オスが先に羽化し、メスは1週間ほど遅れて羽化します。成虫になってからの寿命は約2週間です。





[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-22 15:28 | Comments(0)

2018梅仕事

e0173655_10353179.jpg
今年は20kgの梅を収穫した。梅酒に8kg氷砂糖3kgホワイトリカー1.8ℓx6本。 梅シロップに5kg。砂糖は三温糖、上白糖、キザラそれぞれ1kgづつ。梅干は7kg。今年は塩分を15パーセントにして、ホワイトリカーを50ccづつ加えてみた。梅酢があがったら、赤紫蘇を塩もみして加える。

自家用だから、梅に傷があろうと、へたが付いていようとおかまいなし!ガラガラ水洗いして、一晩水に漬けて、タオルで5~6個水気を取って、瓶やジプロックの袋に入れてる。

梅干は去年からジプロックを使うようになった。大の袋に1kgの梅と150gの塩、50ccのホワイトリカーを入れ、チャックの所を手で絞って、中身がこぼれ出ないようにもみこむと、うまい具合に塩が梅に絡みつく。それを空気を抜いて、チャックをしめ、平らに二袋を重ねる。上の袋が下の袋の重しになるので、時々上下をひっくり返す。

何かのテレビ番組で、飲むヨーグルトに梅酒を入れて飲むと、なにかにいい!という話を聞いた。梅酒だと車の運転ができなくなるから、梅シロップも作ることにした。


[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-16 11:05 | Comments(0)

四角つなぎのバッグ

e0173655_12224418.jpg
2cm角と4cm角の布を斜めにつないでいくデザインのバッグ。いや~難しかった。4cm角を2cmかくにして縦横につなぐなら簡単だけど、違う大きさの布を縫い合わせるのは、どうするんだろうと、なんども首をひねった。結局布に印をつけて、縫い代を縫いこまないよう2cmづつ正確に縫えばいいのだけれど、この正確!というのが私の最も苦手とするところ!(笑)

正確に縫えば、小さい四角が真四角になるはずなのだが、そうはなっていない。小さすぎるのが問題だから、今度は3cm角と6cm角にして、再挑戦してみるか?いやいや次の課題も決まっているし、・・・・・

バッグの縁取りのバイアスは既製品のもの。持ち手はバイアスに、ポリプロピレンの荷造り紐を入れてアイロンで加熱して、成形した。布もバイアステープのたくさん持っているので、なんとかそれらを使いたい切りたいと思っている。大きい方の四角は着物の生地で、私の作品にはたびたびでてきて、後少しになった。(^^)


[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-10 12:45 | Comments(0)

袖からバッグ

e0173655_19314738.jpg
韓国旅行をした時買ったチュニックが、少し派手になっので、袖をはずしてバッグにした。
袖山が上で、袖口が下になよう切って、裏地をつけて形通りに縫った。紐は市販の物を使用。袖のカーブが物の出し入れに便利で、たっぷり入る。ちょっと自慢したくなった(笑)


[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-01 19:40 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧