<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日の仕分けと支援金

今日は生理用品の仕分けをした。

サイズごとに仕分けて、箱に入れ名前と個数を書いた紙を貼る。ナプキンにこんなに種類があったのかと驚いた。そのそばでは、赤ちゃん用の紙おむつ、介護用の紙おむつ、おしりふき等を仕分けしていて、皆その種類の多さに驚いていた。

お茶の時間に、紙コップに自分の名前を書くことを提案した。簡単な名詞代わりになるし、一日中使えるので節約になる。今日は町外から3名手伝いにみえていた。「義援金」は被災者に届けられるお金で、「支援金」は活動を支援するために使われるお金であることを知った。

支援物資の中には、賞味期限が微妙なカップラーメンなどが含まれているので、「ベースキャンプ日之影」では5月3日(もちよりカフェ)でバザーをすることにした。その売り上げは熊本地震の義援金として届けられる。
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-29 15:49 | Comments(0)

パンツの仕分け

お昼から 日之影の復興支援場所に行ってきた。

男の人が、都城と南阿蘇村から届いた(あるいは取りに行った)支援物資を倉庫に下ろすそばで、ダンボール4個に詰まった女性用ショーツを仕分けする仕事をした。何をどうするかは自分で考えたいといけなので、100枚づつ箱に入れなおした。全部で500枚あった。すべてが未使用だが、しまむらのタグのついた若い人向きのデザインだった。中高年用も欲しいなと思った。これらの下着が避難所に届いた時、どういった形で手元に渡るのだろう。なんて考えると、支援するって難しいなと思った。

現地を見てきた人の話によると、水をはじめとした物資はほぼ足りているらしい。それよりもトイレなどの衛生面が一番心配だそうだ。GWで多くのボランティアが押しかけると、ますます悪臭が増えることだろう。日之影ベースキャンプでは、被災者が仮設住宅に移る時を一番の支援ポイントだと考えている。その為の物資の調達と保管と配達のために、今は粛々と仕分けをしている。
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-27 16:21 | Comments(0)

熊本地震復興支援ベースキャンプ日之影

日之影町は行政と民間が一体になった「熊本地震復興支援ベースキャンプ日之影」という団体がある。その話を聞きに行った。

実際に、南阿蘇村や益城町、西原村等に行ってきた人から写真を見ながら、現状の説明を受け、ボランティアのあり方の話を聞いた。日之影町では、東北の時の遠野市のように物資や人員のベースキャンプの役割をする。被災者に寄り添いながら、支援できるようにする。方針のようだ。話を聞いてすごく納得した。

災害が起きると、何かしなくては、何かしてあげたいという気持ちが沸き起こるが、現地も混乱しているので、必要とされる時に必要とされることをする方がいい。善意の物資の保管場所に困っている自治体もあるので、それを引き受けて保管し、必要な時に届けるやり方もある。

まずは、物資の仕分けから始めよう!息の長い活動になるので、ぼちぼち行こう!
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-26 22:24 | Comments(0)

熊本地震で思うこと 2

SNAの返金手続きは3日目に終了した。インターネットでの手続きは、どこにつないだらいいのか分からなくて、結局電話で済ませた。JALもSNAも電話で対応してくれた若い人達はいずれも感じがよかった。一日中鳴りっ放しの電話を取って、機械オンチな年寄り?の相手をするのは大変なことだと思う。

車で福岡にいかなければならない夫は、どのルートで行くかやきもきしていたが、今日24日東九州道が宮崎~北九州間が全面復旧したので、大分経由で行くことにした。道路情報も交通止め箇所は分かるが、迂回路が示されていないので、困っていた。前日一般道を7時間かけて(普通は高速利用で3時間)福岡に行った知人がいて、その話を聞きにいったら、センコウ運輸のドライバーと話ができて、東九州自動車道開通の話を聞いた。

地震から10日目。まだまだ余震が続いている。現地の方々はどんなにか不安で不自由な暮らしだろうと思う。自粛で中止になった行事もあるが、スーパーの店内も充実してきて、普通の生活に戻りつつある。 ご近所にも熊本から避難してきた2組の家族がいらしゃる。その方は3.11の地震の時は東京にいて怖い思いをしたが、今度の方が揺れたとおしゃってっていた。

私のスマートホーンは、電話とメールと写真を撮るくらいの利用だ。もし私が災害の現場にいたとしたら、誰かの何かの役にたつことができるだろうか?私もふくめ、我日之影町は、実際に被災した時の対応が出来ているのだろうか?過去の大きな災害にいくつもの学ぶことがあったはずだが、まだどこか人事だと思っているところがあるのではないだろうか。まずは防災用品を見直し、地元のボランティアに登録しよう!
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-24 23:22 | Comments(0)

熊本地震で思うこと 1

4月13日夜の前震に始まり、いくつかの大きな地震が九州地方が襲っている。震源地の熊本・阿蘇地方は私の住む宮崎県北と100kmほどしか離れていないが、目を覆うほどの被害にみまわれている。宮崎県北の方は比較的被害が少ない。建物は揺れたけど、家財が倒れるということはなかった。停電・断水もない。ただ、墓石が倒れたり、動いたりしたところはあった。スーパーのパンが1個もないので、すわ買占めか!と思ったが、ヤマザキパン工場が熊本にあり、生産を一時中止しているからだと知った。生産を開始しても道路事情がわるいので、落ち着くにはしばらく時間がかかるだろう。

道路事情といえば、阿蘇大橋の崩落にはびっくりした。せっかく道路の拡張が終わって、熊本に遊びに行くのが便利になっていたのに。高速道路もズタズタに分断されてしまった。一般道路も渋滞しているらしい。夫は仕事で広島に行かなければならず、困っている。

このゴールデンウィークは熊本空港から、千葉まで行こうと計画していた。地震の一報を聞いた時は、2週間もあれば道路の復旧も終わって、俵山経由で飛び立てると思っていたが、とんでもないことになった。テレビでは南阿蘇村周辺の被害状況は大々的に報道されているが、その周辺の様子が伝わってこない。俵山トンネルも崩落の伝はあるが、どの程度なのか一向に分からない。ネットを駆使できればいいが、使いこなせていないので、もどかしい。しかし、阿蘇大橋の崩落を見る限り、復旧には時間がかかりそうだし、熊本空港経由の上葉はあきらめた。

GWはただ遊びに行こうとしていた訳ではない。三女の出産が四月末にあり、その産後の手伝いに行きたかったのだ。長女の時は1ヶ月いたが、今回は5月1日から10日まで宮崎空港発着で行くことにした。熊本空港発着のチケットの解約は、イオンの旅行社でやってもらった。行きのJARはスムーズに後日全額を通帳に振り込んでくれることになったが、帰りのSNAはサービス期間の8日を過ぎていたので、「JALの全額払い戻し証明」が必要になった。JALに電話して、その証明を貰わなければならないのだが、電話がなかなかつながらない。それはそうだろう地震後のキャンセルや払い戻しで、いっせいに電話は使われているのだろうから。JALのホームページから検索する案内もあったが、キャンセルはすんでいるのだからどこから入ったらいいか分からず、何度も電話してはあきらめ、またかけ直すということをやっていたら、ようやく繋がった。結局ホームページの領収書というところから、全額払い戻しは終了していることを印刷して、SNAに掛け合うことになった。画面上から領収書は確認できたので、これを印刷してSNAに電話しなければならない。

続きはまた今度(^^)
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-18 14:48 | Comments(1)

水上バスと球体展望台

3日は娘夫婦が在宅だったので、一人で遊びにでかけた。

以前から興味のあった「水上バス」に乗って、お台場を目指すことにした。上手くいけばお台場から隅田川を遡上して浅草まで行き、水上からの花見をしゃれてみたかったのだが、この時期乗船客が多くて、お台場から先の船は欠航していた。

水上バスは葛西臨海公園から出ていて、新浦安から葛西は東西線で二駅。公園の中をテクテク10分ほど歩いていくと船着場があり、5分待ちで乗船できた。あいにくの曇天で寒かったが、約50分の船旅で、東京湾を楽しむことができた。

お台場はテレビでよく見ていたが、どこになにがあるか分からなかったので、大勢の人出の中をただブラブラと歩き回った。ブラブラしていたら、例のフジテレビのイベント会場前に出た。「球体展望台」の入場案内をしていたので、チケットを買ってエスカレーターで展望台に登った。どうも私は高い所が好きらしい。

帰りはどうしたものかと案内板を見ると、東京テレポート駅というのがあり、そこから新木場で乗り換えて新浦安まで帰ってきた。行きは50分かかったが、帰りは15分くらいだったと思う?都会は乗り物の便が良くて本当に便利だ。初めて行く場所でも、乗り換え案内を見れば行き方が分かるし、スイカがあれば切符を買わなくても乗り降りできる。
e0173655_21514511.jpg展望台からの眺め
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-11 21:54 | Comments(0)

孫の守

3月27日から4月6日まで、孫の守のため浦安に行っていました。

長女は産休中なのですが、この時期だけ忙しいので、仕事に行きます。2歳半の男の子(ショウイチ)の保育園の送迎と、5ヶ月の女の子(アキ)の世話。家事一般が私の役目です。娘が6時半ごろアキに母乳を飲ませて出社した後、ショウイチに朝ごはんを食べさせて、8時半頃保育園に送っていきます。アキを抱っこバンドで抱っこして、ショウイチの手を引きます。園は歩いて5~6分の所にあります。

家に帰って、アキにミルクを120cc飲ませると午前中は寝てくれるので、その間に家事をすませ、お昼からはアキをバギーに乗せて、散歩と買い物に行きます。だっこだと、スーパーのカートが押せるので、買い物はし易いけど、帰りは買い物袋を手で提げなければなりません。バギーならスーパーの籠を手で提げなければならないけど、買い物袋をバギーに提げられるので、楽チンです。

4時半になると、アキをだっこして、ショウイチを迎えに行きます。最初は素直に帰っていたが、慣れてくると、あっちこっちに寄り道をして、家まで30分以上かかるようになりました。まだ外で一人で遊ばせられないので、許容範囲内です。でももし怪我をさせたらと、気を使いました。

6時頃に夕飯を食べさせ、ママが帰ってきたら7時頃にショウイチをお風呂に入れてもらいます。パパが遅い時は、私がアキをお風呂に入れました。だいたい9時過ぎにショウイチが寝るので、少しテレビを見て、11時過ぎに私も就寝します。こんな風に一日が過ぎていきました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2016-04-09 14:35 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧