<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

水出し◎◎

二三日前から、寝る時にタオルケットだけでは寒くなってきて、毛布をかぶって寝るようになってきた。季節は夏から秋に移ってきているが、この夏はずいぶん「水出し煎茶」のお世話になった。

熱いお茶もいいけど、水で出したお茶は色がきれいで、さわやかだ。作り方はとても簡単!ポットに茶葉を入れて、水を注ぐだけ。茶葉大匙1杯に水500CCくらいだろうか?何度か作ってお好みの味を見つけて欲しい。時間は1時間以上かけた方がいいと思う。出来上がったら、茶漉しでこして、冷蔵庫へ。不思議なのだが、同じ茶葉なのに、お湯だと色が変わっていくのに、水だと色が変わらない。

お茶だけでなく、紅茶ではどうだろうと思って、やてみた。ティパックの紐の先の紙が水に漬からないように、ポットの端に洗濯ばさみでとめておくといいと思う。食器棚の中のいろいろなお茶を試してみたけど、どれも美味しかった。いくつかを混ぜてみてもいい。

コーヒーはどうだろう?インスタント・コーヒーはそのままでいいけど、砕いた豆は(お茶パック)に入れるといい。
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-31 21:43 | Comments(0)

冷汁

e0173655_22295438.jpg
台風一過少し涼しくなったけど、この夏は「冷汁」を作ってみました。

宮崎の郷土料理としてこの頃有名な「冷汁」ですが、私の子供の頃は存在すら知りませんでした。TVで作り方を見ていると、すり鉢ですったり、ガスで焼いたりしているのですが、ズボラな私としては、すりゴマ、きざみぴナッツ、いりこの粉を使います。

味噌大匙3杯、すりゴマ大匙1杯、きざみピーナッツ大匙1杯、いりこの粉大匙1杯をボールに入れ少量の水で混ぜ合わせます。それを容器ごとオーブントースターで5~6分焼きます。

出来上がった冷汁の素を氷水で延ばし、トーフ、胡瓜、冥加、紫蘇、などの具を入れ、ごはんにかければ「冷汁」の出来上がりです。

冷汁の素をお湯で溶けば、インスタント味噌汁ができそうです(笑)
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-26 22:31 | Comments(0)

うのこの滝

先日娘と五ヶ瀬方面をドライブした。五ヶ瀬ワイナリーでランチを頂いて、生地屋で絵画展を見て、うのこの滝へ行った。
e0173655_21404187.jpg

うのこの滝は妹が亡くなる二年くらい前に二人で行ったことがある。駐車場から爆音をたよりに鉄製の階段をゆっくり下りていくと、生い茂った木々の間から落差40mの滝が見えてくる。

この滝の風景を見ると、子供の頃見たテレビドラマ(時代劇)の一場面が思い出される。
明るい日差しの中、袴姿の若い女性が水際で着物を脱いで、滝つぼに向かって静かに進んで行く。ポニーテールに結い上げた黒髪が左右に揺れて、白い裸体とびれた腰の線が、とてもエロチィックだった。

帰りに階段を上がるのは大変だった。1分歩いては、30秒休む。ゼイゼイと呼吸を整えながら、亡くなる前の妹も、現在の母も、こんな風に息が苦しいのだろうかと、思った。
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-21 21:42 | Comments(0)

孫と過した4日間

8月12日から15日まで、長女が夫と長男と一緒に帰省して来た。ジジとババはあれこれ計画を立てて手ぐすね引いて待っていた(笑)

12日は突然の雷雨で、熊本空港では30分以上着陸を待たされた。その日はお昼から日之影川の畔の母の実家で川遊びをするつもりだったが、雨と孫息子の体調が不良で、(昨日から熱があり、せきと鼻水がとまらない)一部変更して、魚釣りをするジジを家の中から見ることにした。

13日は川南の義母に会いに行った。義母98歳。思った以上に元気で、肌もつやつや。頭もしっかりしていて、ゆっくりながら自分で歩くこともできる。気になっていたので、やっと安心できた。馬が背やクルスの海を散歩して、お昼は日向サンパークのレストラン「潮音」で海を見ながら食事。岩牡蠣を買って帰った。夜は家の駐車場でBBQ。そのためにBBQコンロを買った。宮崎牛のサーロインステーキ肉も用意してあった。家の外は涼しくて、星もきれいで、満足!満足!明日の朝も夜も外で食事をすることにした。
e0173655_0144795.jpg

14日は北浦に行く計画だったのだが、孫の体調がすぐれず、高千穂の小児科を受診して、高森の月廻り公園へ行った。ここではヤギの放し飼いをしていて、以前から孫を連れて来たかったのだ。きっとヤギを追い掛け回すだろうと思っていたのに、体調のせいか、性格なのか、泣きはしなかったけど、もじもじしていた。その後は「あそ望の郷くぎの」の小川で遊んだ。鼻水はでるけど、熱は下がってきていたので、喜んでいた。

e0173655_0151388.jpg

その日の夜は駐車場で、鉄板を使って焼きそばにした。炭があるので畑でとれたカボチャととうもろこしも焼いた。花火もした。

e0173655_0153852.jpg

初日が雨だったので、あわてて買いに行ったテント。畳2枚分くらいの広さがあり、朝も夜も役に立った。夜は真ん中に竹竿を渡して懐中電灯を吊るしたり、テーブル(本当はベンチ)にキャンドルを灯したり、いい雰囲気だ。朝も昇る朝日を見ながらで、なかなか良かった。

15日の朝ジジが熊本駅まで送って行った。新幹線で福岡に行くためだ。海には行かれなかったが、川も山も花火も新幹線も、孫にとっては初体験ばかりだった。記憶には残らないかもしれないが、記録には残しておこう。

孫と過した4日間。天気と体調のこともあり、計画どおりにはいかなかったが、楽しかった。でも、疲れた!(笑)
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-16 00:28 | Comments(3)

おにやんま

網戸の内側で、おにやんまがバタバタと羽を動かしていた。いつもなら網戸を開けて逃がしてやるのだが、近くに小学生がいたので、捕まえて見せてやろうと思った。右手を伸ばして頭の後ろから捕まえようとしたら、おにやんまがくるりと向きを変えて、私の指先に噛み付いた。

「痛い!」思わず手首を強く振ったら、トンボの頭と胴体が千切れてしまった。胴体は窓の下にあり、頭はどこかに吹っ飛んだ。私の薬指に二つの痕が残った。

「可哀相なことをしてしまった」子供に見せようとしなければ、今頃自由に空を飛んでいたかもしれない。捕まえ方が上手だったら、子供を喜ばせたかもしれない。

千切れた胴体で、足がピクピクと動いていた。「可哀相なことをしてしまった」
お盆だというのに、殺生をしてしまった。
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-11 15:18 | Comments(0)

孫娘の浴衣

e0173655_2265391.jpg3歳の孫娘に浴衣を縫おうと思って買ってあった サッカー地の生地を広げてみたら、身丈が足りないことが分った。1.5mの切り売りだったのだ。同じ柄があったら買いたかったが、すでに売り切れていた。

着物は肩で縫い代がとれないので、最大でも身丈が75cmしかとれない。身長83cmの孫娘にギリギリのサイズだ。それでも着せたら可愛いだろうな!という婆心優先でせっせと縫い始めた。あげをして、足が見えても可愛いだろう。

ミシンで直線縫いだから、二晩で出来上がった。くるみボタンで髪飾りも作った。

か、かわいい~~ 自画自賛!!
[PR]
by kimiyone-chan | 2015-08-03 22:21 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧