<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ansoreiyu (あんそれいゆ)

高千穂に8月30日にオープンしたスィーツ・カフェ「ansoreiyu」に母と二人で出かけた。雲海橋を渡って、二つ目の信号を左へ行ったdocomoショップの隣に、そのお店はあった。元からあった建物を改装したらしく、窓枠を赤く塗った大きな窓からは、雲海橋や、取り入れに始まった稲田や、山々の稜線がくっきりと見える。コンクリート打ちっぱなしの天井は、白い布で天蓋のように覆われていて、雰囲気がある、なかなかおしゃれなカフェだった。

地元の食材を使ったお菓子だということで、私はサバランとコーヒー。母はブリュレとコーヒーを頼んだ。
e0173655_1715288.jpg
上野産 キンカンのサバラン
食べた瞬間にシロップがじゅわーと口いっぱいに広がります。キンカンの酸味と、紅茶ゼリーのやさしい苦味がポイントです。
580円

e0173655_1735062.jpg



日之影産. 栗のブリュレ
秋の味覚のひとつの栗を なめらかな口どけのブリュレに仕上げました。  濃厚な味わいのクリームにはコーヒーや紅茶がおススメです。
580円

ケーキに飲み物を頼むと50円引きにになります。経営者は秋元神社近くの民宿「まろうど」の家族。どぶろく「千穂まいり」も作っているし、地元のために頑張っている人達です。

新しいメニューも考え中とのことで、楽しみです。
[PR]
by kimiyone-chan | 2013-09-23 17:11 | Comments(0)

ベストとスカート

e0173655_11495074.jpg

和風柄の洋服生地で、ベストとスカートを作った。

ベストは本を見て、型紙もとって、仮縫いもした。ボタンを付けてもお腹周りにゆとりがあるように、両脇にスリットも入れた。ただ、ボタンホールに自信がないので、ボタンはまだ付けていない。

スカートは二段切り替えのギャザースカートで、両脇に隠しポケットも付けた。こちらは自己流なので、ゆるみに何センチとっていいかわからず、少しブガッとなったような気がする。柄は菊模様なので、秋口まで楽しめそう。

ギャザースカートと言うと、妹が最初に飼った猫の名前が「戯矢沢・須花宇都」だったと思う。(当て字が間違っているかもしれない)略してギャザーと呼んでいた。ギャザースカートと言うと、猫を連想してしまう。

次は、コニシキ・パンツ?とフレンチ・スリーブのシャツにかかろうと思っている。早くしないと寒くなりそうだ!
[PR]
by kimiyone-chan | 2013-09-19 11:51 | Comments(0)

花びらのバッグ

e0173655_19261244.jpg

正式な名称は知らないが、4弁の花びらのようなバッグを作った。

◎二色の布を中表にしてCDサイズに縫う
◎裏にする布に切り込みを入れてひっくり返す
◎丸い布の裏同士をあわせ、表側の二方向を直線で縫う
◎一段目が出来たら、二段目も直線で縫う
◎重なった部分を開いて、縫いとめる

花びらは同じ色でもいいし、全部違っていてもいい。花びらを全部縫い付けると表情が違ってくる。中心部分にくるみボタンを付けてもいい。

バッグを見ていたらプリメリアの花のようだなと思った。
プリメリアは5弁の花びらなので、なんとか同じ方法でできないかなと考えたが、面倒くさそうだったので、アップリケにした。ひとでに見えなくもないが、気に入っている。
[PR]
by kimiyone-chan | 2013-09-13 19:28 | Comments(0)

モンスター

この夏読んだ小説は、東野圭吾の「真夏の方程式」と百田尚樹の「モンスター」だった。百田尚樹の「永遠の0(ゼロ)」は深く感銘を受けた作品だったので、期待して読んだ。

かつてはバケモノと呼ばれるほど、醜い風貌だった女性が、美容整形に目覚め、風俗でお金を稼ぎながら、次々に整形を施し、“絶世の美女”に変貌していく。
同じ人物でありながら、人は見た目で判断され、自分自身の気持ちも変わっていく。やはり、見た目はきれいな方がなにかと得だろう。

美容整形手術というのは、道徳的観念からしてはいけないことのように思っていたが、この小説のように極端ではなく、自分に自信を与えるなら、やってもいいかなと思いながら読み進んだ。ただ、「心に病を持っている人は、どんなに整形をしても永久に満足しない」という件があり、納得した。
小説の中で「へーそうなんだ.」と思った箇所を羅列すると
●顎がすっかり弱くなって、沢山物が食べられなくなった
●美しい顔といのは実は個性がない。すべてのパーツが平均化して、個性がない。それが典型的な美人だ
●個性的美人は、顔の一部が平均値を越えるケースの美人だ
●目や鼻はいくらでも形を変えられるが、肌を美しくするというのは、現在の整形では難しい
●背を高くしたり足を長くしたりすることはできない
●小股の切れ上がったいい女 小股=口角 
●整形外科医の多くが美しさの基準を白人においていた。そういうクリニックは「白人とのハーフ」のような顔を作る
●横顔で、鼻、唇、顎が綺麗に一直線に並ぶのをエステティックライン=Eラインと呼ぶ
●エリザベス・テーラーはEラインより唇が内側にあり、ハリウッドラインと呼ぶ、理想の上をいく最上級ラインだ
●日本人はEラインより唇がでている、モンキーラインと呼ばれる
●日本人の目頭には、蒙古襞とよばれるひだがある

映画は高岡早紀が演じたそうだが、私のイメージのなかでは松雪泰子が演じていた。
[PR]
by kimiyone-chan | 2013-09-06 20:20 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る