<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新緑に誘われポピーとスローなひと時!!

e0173655_2234436.jpg今年も大人・古園地区協議会での、「新緑に誘われポピーとスローなひと時!!」と題した、イベントに参加しました。オープニングでは、九州保健福祉大学の学生がエイサーを披露! その後約7kmを2時間かけてウォーキングしました。田圃に植えられたポピーが目に鮮やかで、随所にお茶の接待もあり、時折涼しい風も吹いて、楽しい一日でした。

去年始めて登って気に入った「天空の丘」に今年は夫も伴いました。
岩井川側から、対岸の七折宮水・波瀬・平底の集落や、バイパスや旧道がぐるっと見渡せ、とても気持ちのいい場所です。新緑に萌える山々の自然と、家や道路や橋などの人工的な建造物が一体となっています。写真でお見せしたいのですが、1枚では収まりきらないので、お近くの方は是非行くことをお勧めします。

集合場所の大人歌舞伎の館では、ウォーキングに参加しない人達のためにも、「えりもん体験」や「神楽奉納」や「三味線の演奏」が用意され、釣り堀や、もも焼きや、うどんやさんもあります。昼食をはさんでチェンソーアートの実演も見られました。

実にのんびり、ゆったりとした一日でした。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-27 22:38 | Comments(0)

幸せになろうよ

三人娘の末娘が結婚した。

婿殿はたいそう律儀で、まず、私達両親に結婚の承諾を受けに来て、それから双方の両親を引き合わせ、結納をかわし、結婚式を挙げるという手筈にしたかったらしい。

ところがこちらは、利枝の病気のことがあり、思いどおりに事を進めてあげることができなかった。去年の11月に婿殿と娘が私達に会いにきた時、利枝と母と一緒に延岡の鮎やなへ食事に行った。利枝からは簡単に承諾したらだめだよ(笑)とアドバイスを受けていたが、ガチガチに緊張している彼を見て、いい人に違いない!と思い、「結婚のお許しをいただきたい」と言われた時は、夫も私も即答で「いいですよ」と答えていた。

その後すぐに妊娠していることが分かり、元旦の入籍となり、先方のご両親がこちらまでご挨拶に見えるということになったが、利枝や姑のことがあり、伸び伸びになって、ついに2月23日のあの顛末となった。

それでも、5月9日には 千葉市内で先方のご両親と初めてお会いし、結納の品を納めていただき、12日の船上結婚式となった。
e0173655_174493.jpg

5月12日は風は強いものの、よく晴れていて、ナイスクルージング日和だったのだろうが、周りの風景を楽しむゆとりもなく、沢山の人達に祝っていただき、2時間半があっという間に過ぎてしまった。

花嫁の母として、何か思うところがあるかと、聞かれたが、特にはない。
だだ、娘にはこれからもずっとずっと幸せでいてもらいたいと思う。
その昔,私達に子供を授かった時、この子の幸せを願った。大病もせず、事故にもあわず、まがりなりにも幸せに暮らしてこられたと思う。これからはその舵取りを婿殿に託し、二人で新しい幸せを築いてほしいと思う。

本当なら、娘の結婚も出産も、母としては一大事で、いろいろすることがあったのだろうけど、利枝のことを考えるのが第一だったので、後回しになってしまった。許せ娘よ!

結婚式も無事に終わった。今度は出産だ!お産に関する知識も昔と変わっているらしい。
さあ、先輩ばあばから、いろいろ情報を集めなければ!!
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-20 21:06 | Comments(2)

母と車椅子

娘の結婚式に母も同行することになった時、その移動手段をどうしようかと考えた。元気だといっても85歳。去年骨折して、スタスタとは歩けない。そこで、車椅子を利用することにした。

熊本空港は杖だけで歩行できたので、羽田で車椅子を手配するのを忘れ、空港の端から端までを歩かせてしまった。動く歩道はあるものの、手すりは右にあったり、左にあったりして、不便だった。搭乗の時カウンターで頼んでおけば良かったのだ。

結婚式場は船だったが、ここは予め予約してあったので、屈強な若者が4名で母の車椅子を持ち上げ、階段の上り下りをしてくれた。

翌日は新幹線の利用だったが、改札で手配を頼むと、号車の前まで駅員さんが運んでくれた。私は自分で押すものと思っていたので、荷物は肩にかけて両手をあけていたら、全部駅員さんがやってくれた。列車に乗り込むまで見送り、車内は車掌さんが案内してくれ、着いたホームには次の車椅子が待っていた。東京駅の構内も駅員さんがスイスイと押してくれ、エレベーターを使って、地下5階の総武線のホームまで運んでくれた。

八街駅は小さいので、そこでの車椅子は断ったが、特急の中で車掌さんが車椅子の手配はいいのですかと聞きに来た。情報は共有されているらしい。

母も私も皆に親切にされ、大いに感激した。母は数年前までは、車椅子に乗ることを遠慮してためらっていたが、今では母が車椅子を利用することが、皆のためになることを十分に理解している。多少の気恥ずかしさはあるものの、お姫様気分も味わえ、怪我することもなく、まわりがスムーズに動くので、いいことだと思う。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-15 18:47 | Comments(0)

母用の和装バッグ

娘の結婚式が近づいてきた。

私は娘が三人いるので、すでに留袖を誂えてあった(呉服屋の薦めにのせられて)。そこで船上パーティーではあるが、留袖を着ることにしていた。すると二人の姉達も振袖を着ることにになり、妹も義弟も着物を着ると言い出した。後は母であるがフォーマルなドレスなどないので、母も薄紫色の付け下げを着ることにした。

e0173655_15405397.jpg着物と帯はあるが、草履とバッグはどうしよう。
草履は友人の和装小物の店「百々ん」にいいのがあった。
バッグは手芸屋さんに薄紫のちりめんがあったので、鼻緒に似たちりめんをはさんで作った。
持ち手も「百々ん」にあったバッグを参考にした。見えずらいが薄紫と黒のちりめんが二列になっている。内側も巾着にして、中身がこぼれないようにした。

夫は紋付ではなく、モーニング?を借りることになった。

5月12日 東京湾が晴れるといいな。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-07 15:50 | Comments(2)

還暦同窓会

5月4日 日之影温泉駅にて日之影中学校第21回卒業生の
還暦同窓会がありました。

卒業生164名のうち、物故者10名 住所不明者17名で 
72名と先生2名の出席をいただきました。

準備は昨年の秋?にまず告知の葉書を出すことから始まり、打ち合わせという名の飲み会を7回ほど開きました。5年前の同窓会の名簿を元に 住所変更者を調べ、普通葉書にパソコンで印刷し投函しました。メールの時代ですが、あえて葉書を使いました。

そのおかげか、76名の出席予定者がありましたが、直前になってやむなく欠席になった人が2名ありました。

「日之影三大橋・深角駅・日之影新旧中学校をめぐりるバスツアー」
「高千穂・.荒立神社の厄払い」「何か赤い物を身に着けて参加する」
「歓迎の神楽・荒神の舞」「日本舞踊」「津軽三味線」「校歌斉唱」などを企画しました。
「私達の60年の歩み」というおおまかな年代事の出来事をプリントして、回覧にしましたが、
小冊子を読むより、顔を見てお話するほうが夢中で、これはどこかにまぎれてしまいました。

その他にも、個人で出席者全員に湯のみを焼いてきて下さった方があったり、今までの同窓会のアルバムを作ってきて下さった方があったり、スィーツのや飲み物の差し入れがあったりして、一人一人の協力で大変楽しい会になりました。

次は温泉一泊!などの声もあり、何年後にするかも含め、又.楽しい準備が始まりそうです。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-05 21:02 | Comments(0)

大人歌舞伎”桜”公演

4月29日大人歌舞伎を見に行ってきました。
今回は帰省中の長女と母と姑と一緒です。

九州唯一の農村歌舞伎で、地元の保存会の人達が、仕事の合間に練習を重ね、立派な舞台を見せてくれました。
演目は①寿三番叟 ②絵本太閤記二段目・本能寺の場 ③白波五人男・稲瀬川勢揃いの場

e0173655_22534078.jpg

演目は去年の秋の公演と同じでしたが、白波五人男の衣装も立派に豪華になり、なかなかの物でした。

この一帯を治めていた武将 甲斐宗摂を偲んでの公演で、400年以上の歴史があるそうです。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-05-01 22:58 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧