<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

妹の利枝(りえ)が亡くなりました

2月24日の未明、妹の利枝が乳癌で亡くなりました。享年58歳でした。

妹は平成7年11月に、右乳房全摘出の手術をうけました。しこりに気づいて受診した時は、すでにステージⅢで、リンパへの転移もあったそうです。私が心配して見舞いに行くと、妹はベッドの上で腹筋をしていました。資格試験の勉強中で、病室に何冊もテキストを持ちこんでいました。そして、
「乳癌は外科手術だから、なんでも食べられる」と言って旺盛な食欲もみせました。その屈託のなさに、私も周りの人も、安心し、関心したものでした。

数年後、もう一人の妹が子宮癌になった時も、「利枝ちゃんのことがあるから、大丈夫!」と前向きに病気と対峙することができました。その頃、私と下の妹は「癌はこわくない!早期に発見し、治療すれば治る!癌は不治の病ではない!」と思っていました。

ところが、治癒のひとつの目安である5年目の数か月前に、再発してしまったのです。妹の癌は特殊で、他への転移はなく、同じ場所に数年おきに再発しました。そのたびに、放射線や抗癌剤の治療を受けていました。全身脱毛したのは4回だったと思います。

妹は離婚し、小さい子供と年老いた両親をかかえて、一家の主として働かなければならないと強く思いこんでいたのでしょう。入院することもなく、朝一番で放射線治療を受け、40kmの道を車で引き返し、そのまま仕事に行くということを繰り返していました。

去年の5月に医師から、余命1カ月と告げられた時は、妹の胸膜に水がたまって、ひどい咳はするものの、まだまだ生きることに意欲的で、信じられず、この先生はやぶにちがいないと思ったものです。

今年の2月の始めに、医師からホスピスを勧められた時は、ホスピスは死ぬために行く病院だから、利枝に何と言えばいいのだろう。他に何か方法はないものかと思いあぐね、だらだらと無為な時間をすごしてしまいました。

その後、緩和病棟の先生から、ポスピスは決して死ぬための病院ではなく、痛みを抑えることにより、日常の生活を取り戻し、自宅へ帰られる方もいるということ、しかし、病気が治るわけではないことをお聞きし、急いで緩和ケアをやっている病院へ転院させることにしました。

しかし、最後の一週間は、日に日に病気が悪化していくのが、目にみえるようで、転院した次の朝に亡くなってしまいました。

妹は決して弱音を吐かない子でした。本当は痛くて、辛くて、不安でたまらなかったのに、私はその何分の一も感じ取ることができませんでした。緩和ケアについてもっと知識があれば、もっと早く転院させることができ、もっと穏やかな最期を迎えさせてやることができたかもしれません。

皆様 健診は定期的に受け、早期発見、早期治療に努めましょう!万が一手遅れでも、あきらめないで最善の方法を探しましょう。そして緩和ケアについても知識を持ってください。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-29 23:23 | Comments(3)

パートナーシップキルト

東京ドームに出品?したパートナーシップキルトの写真をもらった。
e0173655_632443.jpg

今回のテーマは「三角・四角.を楽しむ」自由な発想で作品を作っていのだが、私達のグループが「猫」にした。
e0173655_6371156.jpg

下から3列目左から2番目のある。
全国(海外からもあった)から送られてきた、10112枚の布を85枚の大きなキルトに仕上げ、オークションで東日本大震災復興支援に寄付された。

私の「猫」もどこかの誰かの壁を飾っているかもしれない。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-22 06:47 | Comments(0)

丸丸バッグ

e0173655_16294557.jpg

今度の課題は、丸丸バッグだった。
以前作ったバラの花模様のピースを、六角形の底を1枚 五角形を22枚作り、立体になるように縫い合わせていく。サッカーボールが入るような丸い形が出来上がった。

基本は芯以外同じ布を使うのだが、私は例によって手元にある布を使って、全部違うパターンにしたので、一味違うものになった。バラの花模様も小物をふくめ何パターンも作ったので、要領がよくなってきた。裏も中表に縫い付けてひっくり返し、コースターのような形をかがっていくので、裏地がもそもそしなくて気に入っている。

紐も自由だったので、手持ちの綿テープを三つ編にしてみた。次は芯を入れた二本の紐をネジネジにするといいかもしれない。

「ゴリオとヒメちゃん」は5年生に読んだ絵本。
動物園で飼われているゴリオは、手話で飼育員と会話ができるので、何不自由なく暮らしていた。でもさびしい。そこで飼育員は猫のヒメちゃんを連れてきて、楽しく暮らしはじめた。
ある日、ゴリオはテレビを見ていて、急にテレビをたたき壊してしまった。

そのテレビの中には、エンパイアーステイトビルディングの屋上にいる一匹のゴリラが映し出されていた。

「なぜゴリオは、テレビを壊したか分かる?」と子供に聞いてみたら、
「キングコングだ!」と答えたが、キングゴングを見たことのある子供は
数人しかいなかった。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-16 16:58 | Comments(0)

田おこし

e0173655_21491192.jpg

近所の田圃で、田おこしが始まった。
トラクターで田圃を掘り起こし、肥料をまいて寝かせ、米作りの準備を始めたのだ。
この田圃の様子を定点から観察して、折にふれ報告していこうと、思う。
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-11 21:54 | Comments(2)

ネルチェックのふっくらバッグ

e0173655_1012088.jpg●12cm角の布を22枚用意し、同じ柄がつながらないように縫い合わせる。
(あわせ方は説明しづらいので、割愛)
●キルト芯を貼り、キルトする
●裏布を同じ形に縫う
●本体と裏布を中表に合わせ、返し口を残して縫う
●ひっくり返して、返し口をとじる
●持ち手をつける

四角のつなぎ合わせなのだが、はぎ方によって、ふっくらしたバッグになった。見方によってはチューリップのようにも見える。基本は10cm角だったが、12cmにしたのでより大きく、たくさん入る。
キルトは手持ちの刺繍糸を使った。机の中で使われなかった刺繍糸やビーズ(花の芯)が利用できて良かった。

同じパターンなのに、布やアクセサリーで、みんな違う表情になるのが、面白い。

ついでに私のパソコン環境を紹介

土壁の和室の隅に、プラスチックの書類ケース(6段)を2個置いて板をのせた机。カレンダーとピンボードがさがり、今週の木曜に小学校で読む、絵本がおいてある。

絵本は新美南吉の「狐」少し長いし、方言なので練習しなければならない。
読み聞かせ(本読み)を始めてよかったことは、図書館に通うようになったこと。
知らない、あるいは忘れていた昔話に出会うこと。子供の気持ちを思い出すこと。町立の小さな図書館だが、面白い本が沢山ある。(利用者は少ない)
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-07 10:35 | Comments(2)

邦楽演奏会~初春のしらべ~

1月22日に宮崎のメディキッド県民文化センターで開催された、邦楽演奏会へ行ってきた。

邦楽なんて生で聞いたこともないし、興味もなかったが、友人に誘われるままホイホイと出かけた。邦楽鑑賞なので、着物で出かけた。

琴と三味線と尺八と胡弓の演奏で、奏者は人間国宝とか、日本芸術院賞受賞者とか、紫綬褒章受賞者とか、大学教授とか、実力のある方々だったらしい。

川村泰山氏 富山清琴氏、米川敏子氏 菊原光治氏 野山峰山氏 徳丸吉彦氏 は流派をこえて「新しい風」というグループを結成し、国内はもちろん、ヨーロッパをはじめとした諸外国でも演奏活動をしていらしゃるらしい。

曲目は「宮崎県民謡」「六段の調」「寒月」「勤行寺」「千鳥の曲」「松竹梅」で演奏の前に解説があり、聞き覚えのあるものもあった。

「勤行<コンキョウ>寺」は演者が自分の楽しみのために、動物や一休さんなどの有名人物を扱って、滑稽な内容を作り、語呂合わせや駄洒落、早口言葉などで、即興的に歌い上げるもので、初めて聞いた。

日本の伝統でありながら、知らないことばかり。200人くらいの観客の中に、和服姿は7~8人。観客は中高年ばかり。危うし日本文化!
[PR]
by kimiyone-chan | 2012-02-01 10:59 | Comments(3)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る