<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

水道管凍結・破裂

1月16日(日)お昼頃、近所のおばちゃんが、
「隣の家から水が流れでちょるよ」と知らせて来て下さった。
見に行くと、物置に使っている隣の家の台所の壁から水がザアーザアー流れでて、道路にみずたまりが出来ていた。あわてて水道の元栓を閉め、家に戻ったが、隣と二軒同じ線になっているらしく、母屋の水も出なくなった。あいにくその日は日曜日で、水道屋さんに電話しても、繋がらない。きっと町中のいたるところで、水道管が凍結・破裂しているに違いない。それほど、昨夜から今朝にかけては寒かった。姑も、「いつもだったら水を少しづつ出して寝るのに、油断したね」と言っていた。

しかたないので、元栓を少しゆるめて、バケツと薬缶に2杯づつの水を用意して、夕食はお寿司、朝食はパンを買ってきた。食器の後片付けも、濡らしたぼろ布でよごれをふきとり、ためた水で下洗いをして、もう一度ためた水ですすいで、鍋にわかしたお湯につけて、拭いた。そのお湯は湯たんぽに入れた。

お風呂はがまんすることにしたが、トイレは少し困った。

翌日の午前中には工事の人が来て下さって、復旧したが、水も電気もガスも、なくなってはじめて、その重要性に気がつく。これが災害にあったとしたら、どうなっていただろう。

妹から聞いた話だが、延岡は暖かいので、まず水道管が凍ることはないらしい。高千穂・五ヶ瀬は寒いので、凍結防止装置などの万全の対策がたててあり、大丈夫とのこと。日之影は一番中途半端で、なんの対策もないらしい。水道管にカバーをするとか、水を少しづつ出して寝ると言っても、この時期水は不足しているので、有効とは言えない。そこで、元栓を閉めて、家の一番低いところにある蛇口を開いて寝るのだそうだ。すると家の中の水道管の中はからっぽで、凍ることはない。翌日は、下の蛇口を開けたまま、元栓を開いて、エアーを抜きながら水を通すといいらしい。夜中にトイレに起きる人のためには、予備の水を用意しておかなければならない。
[PR]
by kimiyone-chan | 2011-01-19 15:03 | Comments(3)

落ち葉と風の神様

元日の朝、目をさますと一面の銀世界で、びっくりしました。
皆様!宮崎でも雪が降るのですよ❆❆❆

ところで、毎朝、家の前の道路の落ち葉掃きが日課になっている。
家の両側が空家なので、30mくらいを竹ぼうきで掃く。少し風が強いと、落ち葉が右に左に動くので、1時間くらい時間がかかってしまう。

ところが、風の強い日の翌日、さぞかし落ち葉が溜まっているだろうと、外に出みると、一枚の枯葉もない!昨日の枯葉がうその様になくなっていた。あの大量の枯葉はどこに行ってしまったのだろう?・・・という事が何回もあった。

風の神様の粋な計らいだろうか?
[PR]
by kimiyone-chan | 2011-01-05 17:00 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る