<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

着物の裄を直す

古着屋さんで、大島風の着物を買った。古着というが、しつけは付いたままだし、よごれもない。いい買い物をしたなと思うけど、裄が2cmほど短い。

そこで、思い切ってお直しをすることにした。まず、袖を外してみると、袖の裏地が狭いので、1cmくらいしか伸ばせそうにない。身頃は3cmくらい出せそうだが、身頃を出すには脇線まで解かなくてはならないので、袖だけをやり直すことに決めた。

昨日一日かけて、ああでもないこうでもないと、いじり回して、やっと夜の10時ごろ出来上がったので、着てみたら、なんか変!腕がスムーズに通って行かない!よくよく見たら、振りまで縫ってあり、男物仕立てになっていた。ガ~~ン

そこでまた解いて、他の着物を見ながら、またああでもないこうでもないをやって、ようやく1時過ぎに完成した。袷の着物は、解いてみると、ザクザク縫ってあるし、始末がいらないので、構造がよく分かれば、単より楽かも知れない。   ナンテネ!

町人会に着て行こうと思っている。袖付けのあたりを、あまりジロジロ見ないでね!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-31 09:58 | Comments(0)

さつまいもの金平

e0173655_21553535.jpg新聞に載っていたので、作ってみた。
さつま芋をマッチの軸の倍くらいの太さに切って、サラダ油で炒める。
火を止め蓋をして蒸し煮にする。
柔らかくなったら、砂糖と醤油で味付けする。
バターをひとかけら入れて、風味をつける。
最後にゴマをふる。

醤油をきかせれば、おかずになるし、砂糖をきかせれば、お茶うけになる。

醤油とバターは相性がいい。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-27 22:03 | Comments(0)

柿の実

八街へ越してきた時植えた富有柿の木が、今年は猛暑の影響だろうか、沢山の実をつけた。しかも美味しい。
e0173655_2143865.jpg

毎年ヒヨドリに食べられるので、思い切って全部もいでみた。数えると50個以上あった。柿色?というのだろうか、暖かなオレンジ色の柿は柔らかくて甘い。若いオレンジ色の柿は硬いが瑞々しい。

柿の葉もきれいだ。緑色と柿色と黒色が混在していて、二つと同じ物がない。

柿の落ち葉を、毎朝庭ぼうきで掃くのも、秋から初冬への風物詩ではあるが、今年は実と一緒に枝もすっきり落としてみた。(もちろん、夫が)

「飛んできたすずめが、「あれっ!」という顔をしていた」と夫が言っていた(笑)
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-24 21:57 | Comments(2)

第53回八街市民文化祭

10月17日(日)に市民文化祭の芸能部門発表会があり、夫が出演しました。
e0173655_222393.jpg人前で踊りを披露するのは、今年三度目ですが、少しずつ上達しているように思います。

夫の踊りとの関わりは、所属しているNPOの方々のすすめで、4~5年前からになります。人前で踊ったり唄ったりする人ではないと思っていたので、最初はびっくりしました。しかし、ビデオを見ながら毎日家で練習したり、週に1回会合の時に練習したり、コツコツと努力を積み重ねていっていました。

私も及ばずながら、浴衣を縫ったり、帯や足袋などの小物をそろえたり、発表会を見に行ったりしました。
この紋付袴は借り物ですが、それ以外の小物がずいぶんと増えてしまいました。

踊りは全身運動になるし、脳トレにもなるし、なにより、背筋が伸びて姿勢がよくなるので、いいことだと思います。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-20 22:17 | Comments(1)

送別会でお花をいただく

約10年通ったスイミング教室をやめることになったら、教室の皆さんが木曜日に送別会を開いて下さいました。平日の午後6時半からだというのに、9人も集まってくださり、花束もいただいてしまいました。本当にありがとうございました。
e0173655_16491164.jpg

今回の集まりは、密かに「水着以外の私を見て!」というテーマにしていましたので、着物を着て行きました。それも、着物も帯も小物も全部洋服の生地で仕立てた物としました。

楽しい食事とおしゃべり。花束もいただいたので、お礼に歌を歌いました。しかも、2曲!(笑)

【Amazing grace】と【いもがらぼくと】
アメージング・グレイスは、アカペラで歌うなら、この曲よね!と2年前に思い立った曲ですが、たった4行の詩を覚えるのに、3ヶ月くらいかかりました。1番だけですが今でも覚えています。
いもがらぼくと は宮崎の民謡で明るく調子がいいので、宴会にはいいと思います。

♪いもがらぼくと♪
腰の痛さよ 山畑開き 春は霞の日の長さ
焼酎五合の寝酒のしゃくに 俺も嫁じょがほしゅなった
*ヤレ もろたもろたよ いもがらぼくと 日向かぼちゃのよか嫁じょ じゃがじゃがまこちえれこっちゃ  ♪♪
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-17 17:22 | Comments(2)

宝塚デビュー

10月13日は東京宝塚劇場に 花組公演 【麗しのサブリナ】と【EXCITER!!】 を観にいきました。

【麗しのサブリナ】は オードリー・ヘップバーンとハンフリー・ボガードの映画でおなじみですね。
http://kageki.hankyu.co.jp/sabrina/

宝塚は初体験でしたが、男役さんはかっこいい!し、娘役さんはかわいい~!歌も踊りもお芝居も上手だし、衣装もとっかえひっかえで、楽しい!キラキラヒラヒラフワフワしていて、女子の好きなものがてんこ盛りでした。アドリブが楽しみで、何度も観に行くファンの人もいるそうです。

e0173655_22435323.jpg連れて行ってくれた友人が、宝塚歌劇団に詳しくて、いろいろ説明をしてくれたので、大変楽しい観劇でした。あの大階段は、26段あって、幅が23cm?あるそうです。80人からの人達が入り乱れてショーを展開するので、一瞬トップさんを見失いそうになるのですが、1番キラキラがついた衣装で、スポットライトを浴びた人がトップさんだとわかります。

主役の真飛 聖(まとぶ せい)さんの今後に注目しておきましょう!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-15 23:10 | Comments(0)

みなと区民まつり

今週はいろいろな事がありました。まず、10月9日10日は じっとしちょ連と しての みなと区民まつり の参加です。

「じっとしてはいられない」と言う時、宮崎県の方言では「じっとしちょれん」と言います。

5年前の高千穂鉄道存続の危機の時に、「ふるさと宮崎を応援したい! じっとしちょれん!」と、在京の宮崎県北出身者が集り、作ったグループがじっとしちょ連です。

メンバーは宮崎県北出身者、縁あって宮崎を愛するようになった人、偶然引っ張りこまれた人、年齢も職業もさまざまですが、宮崎を愛する気持ちはみんな同じす。年に数回東京都内で、各種イベントに参加して、故郷の事をお話したり、物品を販売しています。


e0173655_2327261.jpg宮崎名物??のエリモンを飾ったブースで、宮崎の柚子を使った「柚子味噌」と、宮崎特産の牛蒡を使った「牛蒡ラー油」柚子味噌をつけた「冷やしキュウリ」などを販売しました。そして、鉄道つながりということで、銚子鉄道の「ぬれ煎餅」も販売しました。エリモン体験コーナーもあります。

9日はあいにくの雨で、思うような成果はあげられませんでしたが、10日は天候も回復し、毎年顔をだして下さるお客様や、宮崎に旅行された方や、近隣の町の出身者も集まってくださり、楽しい!疲れた!二日間でした。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-14 23:44 | Comments(0)

ごきぶりのポーズ

月に2回 第一と第四火曜日の 午前中1時間半を ヨガ教室に通っている。
1回に5~6人の生徒さんが、ゆっくりしたリズムで体を動かしたり、伸ばしたりしている。

ヨガは、自分の体の中からの呼びかけに合わせながら、無理をしたり、他人と競ってはいけない!と言われているが、体を曲げながら、ちらっと横を見て、フムフム勝った!ヤヤ負けた!と思っている。

ヨガと言っても、「●●のポーズ」をするより、全体的にストレッチだけなのだが、別名「ごきぶりのポーズ」というのがあって、気にいっている。

まず 仰向けに寝転がって、両手両足を天井に向けて上げ、あっはは あっははと笑いながら、手足をゆする。声にだして笑っていると、おかしくなくても、おかしくてたまらなくなってくる。体中が温まって、幸せな気分になる。

これは毛管運動と言って、血流をよくする運動らしい。

夜、寝付けない時、ごきぶりのポーズをやってみると、すぐに眠れそうだ。

ただし、一人の時に限る!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-07 15:39 | Comments(0)

ミキサー

e0173655_14321565.jpg畑で取れた、かぼちゃや、さつま芋を柔らかく茹でて、ミキサーでつぶす という作業を何度もしている。

このミキサーは、義母が結婚の祝いに持たせてくれた物で、もう30年も使っている。(高さは38cm)
始めの頃は、おはぎを作るためで、茹でた小豆を粉砕して、大鍋の中に砂糖と共に入れ、木ベラで丹念に練り上げていた。どろどろの小豆をある程度の硬さまで練り上げるのは、大変だった。木ベラもにおいがつくといやなので、1本「アン専用」にしてある。

今は市販されている餡を使っているので、小豆を煮ることはなくなったが、バナナと牛乳でバナナジュースを作ったり重宝している。じゃが芋の冷たいスープ ビジソワーズも作った。

現在は小型のミキサーやフードプロセッサーなどもあるが、義母からもらったミキサーは、まだまだ現役で、美味しい物を作り続けるだろう!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-10-05 14:51 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る