<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

浴衣で落語

先週の日曜日、神楽坂の某所で開催された かぐら坂寄席 に妹と行って来ました。

三遊亭全楽さんの落語を中心に、毎回、趣向を凝らした出し物があり、今回が11回目だそうです。

出し物 三遊亭好吉 浮世床
     三遊亭橘也 元犬
     三遊亭全楽 壷算
     神田織音   講談
     三遊亭全楽 三年目
e0173655_2233786.jpg
今回は、浴衣を着て、落語を楽しもう!といことで、開演前に着付け教室も開かれました。
私と妹は、家から浴衣で出かけました。
先日、徳島の阿波おどりを見に行った時、踊り子さんの帯結びをしっかり観察してきたので、
半幅帯で結ぶお太鼓風 にしてみました。
半幅でお太鼓にすると、幅が狭いので、折り返しを斜めにして、手も斜めに上げる、やの字のように結びます。帯まくらも、帯締めも使うので、華やかになります。

写真はお太鼓部分が上に上がりすぎて、バランスが崩れていますが、まぁ、いいか?!

その後、お友達のプレ・バースデーにも出席して、楽しい一日でした。(^^)
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-27 22:20 | Comments(0)

徳島ひょうたん島周遊船

徳島の旅のおまけです。

徳島市内を歩いていると、「ひょうたん島遊覧船(無料!ただし、保険料100円)」の看板が目に飛び込んできました。この魅力的な言葉にひかれて、両国橋の北詰めに行ってみると、20人乗りくらいのモーターボートが浮かんでいて、すぐに乗船することができました。1周約6km、30分のコースです。船上から、眉山やお城の跡や県庁や公園などの、美しい風景を眺めることができます。

徳島の中心地は、新町川をはじめいくつもの川に囲まれた島になっていて、その独特の形から、ひょうたん島と呼ばれているそうです。戦前の新町川は、徳島の顔と言えるほど美しい川でしたが、戦後の産業の高度成長期には、流域の家庭や工場から排出される汚水やゴミで、非常に汚れた川になったそうです。

それを見かねた有志10人が川の清掃をしようと思い立ち「新町川を守る会」を結成しまた。
http://www.nmt.ne.jp/~sinmati1/mamorukai.htm

以来20年にわたり、いろいろな活動を通して、川に親しみ、川を守り、川から町作りをすすめているそうです。

私は、このことに、町作りのひとつの形をみたような気がしました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-23 23:18 | Comments(0)

鳴門市ドイツ館

徳島3日目は、妹と友達が午前中に帰途についたので、私一人の観光となりました。

まず、バスに乗って「霊山寺(りょうぜんじ)」へ。ここは四国八十八箇所霊場巡りの一番札所です。白装束に身を包んだ若い男性のお遍路さんもいました。そこから、約1kmをテクテク歩いて「ドイツ館」へ。ここは第一次世界大戦の時俘虜になったドイツ人と坂東の人々の3年間の交流の様子を後世に伝えるために建てられた資料館です。当時の松江所長の考えで、ドイツ人俘虜を人道的にあつかい、地元の人々と交流し、牧畜、製菓、建築、音楽、スポーツ等の指導を受けました。なかでも、ベートーベンの交響曲第9番を、日本で初めて全曲演奏したことは有名だそうです。
その時の様子が「バルトの楽園(がくえん)」という映画になっていて、そのセットが「バルトの庭」という観光名所になっています。
e0173655_22433484.jpg
ドイツ館に貸し出しの電動自転車があったので、近くにある「大麻比古神社」と二番札所「極楽寺」と「バルトの庭」を散策して、最後に自転車を返してから、ドイツビールとフランクフルトのお昼をいただきました。ビールは ドムケルシュ という名前で、あっさりしていてクリーミーで美味しかったです。フランクフルトのライ麦パンは、ボソボソしていて、好みではありませんでした。

◎俘虜と捕虜の違い・・・・・??
  俘虜=戦争中に捕らえられた民間人
  捕虜=戦争中に捕らえられた軍人
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-19 22:53 | Comments(2)

鳴門の渦潮

徳島二日目の午前中は、鳴門公園の散策です。
まず、鳴門といえば渦潮なので、観潮船に乗りました。春と秋の大潮時には直径20m以上の大きな渦に出会えることもあるそうですが、その日は洗濯機程度でした。でも、波と波がぶつかって白く泡立つ様は迫力がありました。
e0173655_22551698.jpgその後は「大鳴門橋遊道うずの道歩」へ。大鳴門橋の橋げた内に設置された450mの遊歩道で、潮風に吹かれながら、頭上を通る車の音と振動を感じながら、橋げた構造を間近に見る事ができます。展望室のガラス床からは、45m下の海を見下ろすことができます。海の様子は刻々変わるので、渦の真上に立つことは出来ませんでしたが、まるで、宇宙空間から、水の惑星”地球”を眺めているようでした。



その後は、大鳴門橋架記念館エディで、海中散歩を疑似体験できる「うず丸」を楽しみ、全長68m・高低差34mの観光用エスカレーター エスカヒル鳴門 から海と空と島と橋の風景を存分に楽しみました。

午後は再び徳島にもどり、阿波おどりのフィナーレを最後まで楽しみました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-18 23:17 | Comments(0)

徳島阿波おどり

8月14日~16日 妹とそのお友達と私、女3人で阿波おどりに出かけました。
e0173655_9305344.jpg
千葉と福岡と宮崎の三箇所から、それぞれに徳島に集合して、阿波おどりや、鳴門のうず潮、鳴門大橋等を楽しみました。

この時期、徳島県内は鳴門市や池田町など数箇所でまつりが展開され、宿や交通機関の予約を取るのが難しいそうですが、私達は10ヶ月以上前から申し込んでいたので、大丈夫でした。

徳島阿波おどりの人出は、12日~15日の4日間で135万人。960の連が「ヤットサー、ヤット、ヤット」の掛け声と、鉦や太鼓の大音響の鳴り物の中、踊り狂いました。

e0173655_9312311.jpg
阿波おどりは、右足と右手を同時に出し、次に左足と左手を同時に出す。という単純なものなのですが、各連により様々なバリエイションがあり、なかなか奥の深いものです。

女踊りは、両手を高く掲げ、足を高く上げはねる様に踊り、集団のまとまった美しさと色気があります。
男踊りは、腰を低く落として、両手を大きく動かしながら、表情も豊かで、力強さがあります。

有名連と呼ばれる、洗練された上手な踊り手のほかにも、学生の連(東京の有名大学もあり)、各町内の連、子供の連、などがありました。若い人達は、今風の振り付けで見せ場を作っていました。

踊る阿呆に、見る阿呆、同じ阿呆なら、踊らにゃ、そん!そん!

ということで、私達も、にわか連に参加して、踊ってきました。

下手は下手なりに充分楽しめた熱い二日間でした。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-17 10:15 | Comments(0)

すいか

e0173655_2249036.jpg先日お知らせしたスイカが、カラスにつつかれることもなく、すくすくと育ったので、切ってみた。直径は21cm。色もきれい。味もまあまあ。少し塩を振った方がより甘く感じられた。

友人から、スイカを搾ってサイダーで割る飲み物を教えてもらったが、その前にパクパク食べきってしまった。

連日の猛暑で、畑は乾ききり、ナスやトマトの皮が硬くなっていた。週に1度の水やりではかわいそうだと思い、今朝6時半から私一人で水やりに行った。畑と水道は15~6m離れているので、バケツ数個に水を汲んで、何度も往復した。乾いた大地は、水をまくと色が変わるので、一通り終わるのに1時間くらいかかり、疲れた。今度は、バケツを運ぶ台車か、長いホースが必要だ。

それでも、朝の空気は気持ちいいし、うぐいすの泣き声が聞こえる。目の前を雉の母子が走りさって行った。以前には雄の雉を見たこともある。

苦労して水をまいたのに、台風4号の影響で、夕方から雨になった。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-12 23:04 | Comments(0)

今日の収穫

e0173655_23201058.jpgかぼちゃとトウモロコシとナスとトマト

かぼちゃは直径が20cnくらいになった。
トウモロコシは実がずっしり入っている。
後3~4日まつともっと実がふくらむだろう
ナスとトマトは水不足で皮が硬い。
でも味は濃い!
かぼちゃは、大小7個ある。







e0173655_23253759.jpg
1週間程前の映像
カラスに食べられないよう、ネットをかけていたら、友人から、「わらをスイカにかけて隠した方が効果的だ」と教えてもらった。早速わらをかけたので、その映像はない。
スイカは、大小5個ある。

今日は、畑の水まきに行った。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-08 23:34 | Comments(0)

家を冷やす!

連日の猛暑に、いささかうんざりしながら家に帰ると、閉め切った室内の気温は33度ありました。

そこで、庭の草木に水をまくついでに、家の外壁にも、水をかけてみました。ホースの届くかぎり、ザーザーと。ふだんあまり掃除をしていない窓枠のサッシにもザーザーと。

約20分後室内の温度計を見ると、32.9度になっていました。その後は窓を開けて風をいれたので、10分後には32.6度になりました。水を含んだ網戸から涼しい風が入ってきたので、1時間後には31.9度になっていました。

田舎で、隣が密接していないので出来ることですが、家を冷やすと、家がきれいになって、室温が下がる!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-06 22:09 | Comments(1)

じっとしちょ連

私は、「ふるさと宮崎を応援したい!じっとしちょれん!」と、在京の宮崎県北出身者とその仲間が集まり、作ったグループ「じっとしちょ連」のメンバーのひとりです。年に数回、東京で宮崎を知ってもらうイベントに参加しています。7月22日23日は、新橋こいち祭りの応援に行きました。
e0173655_22145781.jpg
連日 気温38度のうだるような暑さの中、宮崎特産の柚子を使った味噌をつけたきゅうりを、1本200円で販売しました。他の店では1本100円のきゅうりもある中、じっとしちょ連のきゅうりは柚子味噌が上手い!と毎年買いに来てくださるお客様もあり、大変ありがたいことだと思っています。また今年は、新橋こいち祭り実行委員会のご厚意で、宮崎県の口蹄疫に対する募金箱も置かせていただき、たくさんの義援金を頂戴いたしました。ありがとうございます。

じっとしちょ連は、宮崎県北出身者とその家族友人による、善意によるボランティアグループですが、この活動を息長く続けていくには資金が必要だと思うので、物産の販売をしています。高千穂の神楽を舞う方々をお招きして、舞を奉納してもらいたいと思っています。

じっとしちょ連のホームページ http://jitto.org/ もあります。沢山の人がこのホームページにアクセスして、ふるさと宮崎に関心をもってくださるようになると嬉しいと思います。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-08-05 22:49 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧