<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

青森下北半島旅行2日目の2

当日の定期観光バス(仏ヶ浦遊覧・大間崎コース)の乗客は私達を含め8人でした。定刻13:15に大湊駅を出発したバスは、佐井港から高速遊覧船に乗り換えて、仏ヶ浦に上陸して奇岩の数々を見物しました。
e0173655_2303026.jpg

風雪厳しい津軽海峡の荒波が削り上げた大自然の造形で、↑これは蓬莱山と名付けられた岩です。他にも五百羅漢、如来の首、一ツ仏 等と名付けられた巨石がありました。少しでも波や風が強いと船は出航しませんし、上陸することも出来ないので、私達は運がいいとガイドさんに言われました。

その後は、鮪の一本釣りで有名な大間漁港へ!北緯41度33分、本州最北端の岬大間岬と、北海道との距離はわずか17.5km 晴れた日には、函館市内の建物までくっきりと見えるそうですが、この日は霞んでいて見る事ができませんでした。大間で水揚げされた鮪はすぐに築地へ搬送されるので、いつでも大間で鮪が食べられるわけではないそうですが、胃袋とのどと心臓は漁師さんの物なので、大間で食べることができました。

バスは定刻より30分早くその日の宿 津軽海峡に面した下風呂温泉へ。下風呂とはアイヌ語で「臭い岩」という意味だそうで、町は硫黄の臭いがしました。お湯は乳白色で、肌がすべすべになりました。又ここはいさり火の見える温泉としても有名なのですが、肝心の10時から4時くらいの間寝ていたので、いさり火を見る事ができませんでした。残念!

e0173655_23365891.jpg

↑メモリアルロード 太平洋戦争中の昭和18年に工事が中断された幻の大間鉄道橋が、2005年春、遊歩道として復活。遊歩道の中央には足湯が作られ、足を湯に浸しながら、津軽海峡や北海道恵山岬を望むことができます。夜はいさり火を見ることもできます。60年前の鉄道を復活させたということに感動しました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-29 23:47 | Comments(2)

青森下北半島旅行2日目の1

二日目の観光は、大湊駅発13:15の定期観光バスがメインでしたので、それまでの時間を使って、尻屋埼灯台へタクシーで行くことにしました。
e0173655_22343051.jpg
尻屋埼灯台は120年以上の歴史がある煉瓦造りの灯台で、下北半島の東側に、津軽海峡と太平洋を分けるように突き出しています。

そしてそこには、寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる野生?の馬達が放牧されています。春に生まれた子馬達が親馬達とのどかに草を食む姿は平和そのものです。時間がゆったり流れる場所です。
※寒立馬=南部馬を祖先に持ち、改良を重ねた田名部馬をブルトン種などと交配し、尻屋地区独自の農用馬としていたもので、粗食や寒さに強いのが特徴。一時は9頭まで減り絶滅が心配されたが、有志の保護により30頭ほどに回復した。青森県天然記念物に指定されている。

その後は運転手さんに、地元の美味しいお店を教えてもらい、ゆっくり昼食をとって、大湊の駅に向かいました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-28 22:50 | Comments(0)

青森下北半島旅行1日目の2

今回の旅行はレンタカーの予約が出来ませんでしたので、列車と定期観光バスと路線バスとタクシーを利用した旅となりました。
下北駅に降り立つと、そこには50人乗りの大型観光バスが待っていましたが、なんと、乗客は私達二人だけ!
運転手とガイドさんと私達を乗せて、観光バスは「恐山・釜臥山展望コース」へ出発しました。
e0173655_22123125.jpg

恐山は日本三大霊山の一つと数えられ、立ち込める硫黄の臭いと、荒涼とした風景が地獄と極楽を表しているそうです。この日は夏の大祭の前日でしたが、沢山の参拝の方々がいました。積み上げられた白い石と明るい色の風車は、現世の物とは思えない不思議な雰囲気がありました。

宇曽利湖(うそりこ)は乳白色の湖で、水質は強い酸性だそうです。酸性ゆえに、どんな魚も3日で白骨化するそうですが ウグイ という魚だけは生息しているそうです。

恐山といえば、イタコ さんですが、イタコさんも高齢化がすすみ現在では4人だけだそうです。イタコさんになるにも修行があり、八戸や青森から通って来ているので、毎日恐山にいるわけではないそうです。
e0173655_22483433.jpg


1日目の宿は 薬研(やげん)温泉で、恐山の裏側にあります。美しい渓谷があり、故郷の渓谷によく似た所でした。川に沿って何箇所かの露天風呂があるのですが、道路から丸見えになるので、風営法?により使用禁止になっていました。でも男の人は利用していました。萌えるような若葉や、鮮やかな紅葉を見ながら、熱い湯につかり、涼しい風に吹かれるのは気持ちのいいことだと思いました。

私達は、宿のヒノキの風呂と囲ってある露天風呂に、ゆっくり入りました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-27 22:42 | Comments(0)

青森県下北半島旅行1日目の1

青森に出張していた夫の、「津軽三味線が聴けて、美味しいお弁当がでる列車があるらしいから、一緒に行こう!」という一言から、今度の旅行は決まりました。いろいろ調べてそれがキラキラみちのく下北号であることが分かりました。

7月19日八街発6:18(特急しおさい2号)→東京発7:36八戸着10:39(はやて3号)→八戸発11:20下北着13:04(キラキラみちのく下北号)
e0173655_9515.jpgお品書き
●シャモロックスープの炊き込みご飯
●大間産本まぐろ赤身のづけ炙り焼き
●陸奥湾産大玉ほたての照焼
●三陸産うにの貝のせ焼き
●三陸産いくらの醤油漬け
●北洋産ズワイガニ
●横浜産菜の花のお浸し
●県産長芋のとろろ




e0173655_911379.jpg
津軽三味線の演奏
時間にして20分くらいでしたが、津軽じょんがらなど迫力のある演奏を楽しみました。(^^)
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-25 09:15 | Comments(2)

今週の出来事

7月18日(日)第31回納涼舞踊大会(チャリティー)
   19日(月)~21日(水)夫と二人で青森旅行
   22日(木)~23日(金)第15回新橋こいち祭
   23日(土)畑仕事

青森旅行とこいち祭のことは、追って書き込みをします。(^^)
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-24 18:18 | Comments(0)

第31回納涼舞踊大会(チャリティー)

7月18日 八街中央公民館大会議室にて 第31回納涼舞踊大会が開催された。
八街市には登録されただけでも20の舞踊愛好団体があり、年に数回日頃の練習の成果を発表する場がある。
e0173655_9393886.jpg

夫は数年前から知人の手ほどきを受け踊りを始めている。始めの頃はただ舞台に立っているだけという感じだったが、今回は詩吟にあわせて舞う「吟舞・田子の浦」でなかなか様になってきたと思う。

たくさんの人達が、次々に踊りを披露し、踊りのレベルも 上手い~!からそれなり!まで様々で、見ているだけでも大変な催しだが、色々な着物や帯結びがあり、着物好きには楽しい一日であった。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-22 09:55 | Comments(2)

逆さ徳利

職場の窓の外に不思議な物を見つけた。
e0173655_2210824.jpg黄色と黒の縞模様の蜂が出入りしているので、調べてみたら、「コガタスズメバチの巣(逆さ徳利)」であることが分かった。

スズメバチといっても、性格はオオスズメバチほど攻撃的ではないらしい。巣に急接近すると警戒されるが、少しくらい近づいても威嚇はしないそうだ。この蜂は里山や町場の低木の枝先や軒下に巣を作ることが多く、人間が巣の存在に気付いて刺激しないように気を付けていれば、刺されることはまずないそうだ。

本当に徳利を逆さにした形!窓越しに測ってみたら、8cmだった。なおこの徳利の先端は、働き蜂が生まれてくるとかじり取られて、一般的な球状になるそうだ。

窓越しに定点観察をしてみよう。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-16 22:31 | Comments(0)

金魚のゆかた

昨日は妹と義弟と、浅草と六本木と芝大門へ着物を着て出かけた。

浅草では 「浅草お着物さんぽ」↓ という催しがあり
http://petacokimo.exblog.jp/12886099/
六本木では「朝日神社ほおずき市」↓が開催されていたからだ。
http://www.hinokage.jp/web/osirase/ropponngi_hoozuki.htm

e0173655_23142795.jpg


私の着ているのは、娘(20代)のゆかたで、水色の地に赤い金魚が散らしてある。少し派手かなと思いつつも、夏らしい柄だし、帯を地味目にすればいいかと、意を決して着ることにした。襦袢は二部式の木綿で、おなかまわりをすっきり見せる工夫がしてある。半襟は絽。帯揚げと帯締めはメイドイン・チャイナ。帯は濃い青地に横一列に白い水玉が並んでいて、所々に小さな赤い金魚がいる。このゆかたにはこの帯だ!と思い、この日の朝2時間くらいで縫い上げたものだ。
妹は友人のお母さんの形見の絽の着物で、帯はお義母さんから頂いた夏帯。半襟は白い綿レースで、なかなかすっきりしていた。二人ともレースの足袋と鼻緒のついたサンダルを履いている。
義弟も着物の魅力にはまったらしく、一人で着られるようになっている。三人で着物談義に花が咲く今日この頃である。

真夏に着物を着るのは、どんなものだろうかと心配していたが、意外と涼しかった。綿は汗を吸って発散するし、袖口から風が入ってくる。ゆかた1枚よりも、襦袢を着て単にした方が、襟元が崩れなくていいと思った。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-11 23:19 | Comments(5)

告白

話題の映画 告白 を見た。
映画を見る時、原作を読んでから見るか?映画を見てから読むか?意見の分かれるところだが、今回私は、原作を読んでから、映画を見た。

>ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子が語り出す。「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」一瞬、静寂に包まれる教室。物語は【告白】から始まる。
e0173655_22521215.jpg
女教師の娘が死んだという事件を、登場人物がそれぞれの立場から語っていく(告白していく)という展開で、今時の中学校はこうなっているのかと暗澹たる気持ちになり、教師は大変な仕事だなと同情し、子どもを育てることの難しさを改めて思った。原作で?と思ったことが、なるほど!と納得させられ、原作を損なわない膨らませた作り方で大変面白かった。

ただ、少年AとBの髪型が似ていたので、初めの方は区別が付かなかった。そして、最後の方は「そこまでやるの・・・松たかこ・・・」と思ってしまった。

帰宅して本を手にとると、また違った面白さがあり、なかなか面白かった。

映画は原作を読んで、映画を見て、また原作を読むと、いいかもしれない。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-08 23:28 | Comments(0)

きゅうりのQちゃん我が家風

収穫したきゅうりが処理出来ずに困っていたら、友人から美味しい漬物の作り方を教えてもらった。

きゅうりのQちゃん我が家風 の作り方

●きゅうり2本を輪切りにする。
●醤油、味醂、酢を鍋に入れ煮たたせる。
●熱い煮汁にきゅうりを入れ、冷めるのを待つ。
●生姜の千切りと煎りごまを加える。

醤油、味醂、酢の割合は聞いたのだけど、忘れてしまった。
甘いのが好きなら、味醂を多めに、すっぱいのが好きなら、酢を多めに、しょっぱいのが好きなら、醤油を多めにすればいいと思う。なにしろ我が家風なのだから!!

熱い煮汁に入れるのに、きゅうりのパリパリ感は失われない。彩りに人参の千切りやみょうがなどを加えてもいいだろう。

お勧めの一品になった。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-07-06 11:23 | Comments(1)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧