<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

富里すいかマラソン

第27回富里スイカロードレース大会の応援に出かけました。

http://www.city.tomisato.chiba.jp/suika/race001.html

毎年6月に開催されるマラソン大会で、3km、5km 10kmのコースを、名産のスイカを食べながら走られるということで、年々参加者が増え、今年は13050名のエントリーがあったそうです。

私達は毎年スタートから3kmくらいの地点で、10kmを走る人達を応援しています。10kmは16歳から39歳の部と、40歳以上の部に別れていますが、両方とも先頭は3km地点を10分くらいで通過していくものの、歩いている人もいて、最後尾の人が通過するのに1時間ちかくかかっています。ちなみに10kmのエントリーは両方で9257名です。

大学の陸上部の人達から、他県の走ろう会の人達に混じって、いろいろなコスプレで楽しんでいる人達もいます。メイドさんやバレリーナ、怪物君、タイガーマスクにショッカー・・・・・一番大変だなと思ったのは、ボーリングのピンの格好をした人で、素材はウレタンだと思うので、この蒸し暑い中ご苦労様なことだと思いました。

大部分が健康のために走っていると思われる人たちで、私も走ってみようかな?!と思いつつ、20年が過ぎてしまいました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-27 23:47 | Comments(0)

1週間見ない間に

畑に行った夫が野菜を収穫してきた。1週間見ない間にずいぶん大きくなっていた。
e0173655_2343368.jpgご近所におすそ分けして、大根が1本(36cm)ナスが1本(18cm)キュウリが3本(30cm)じゃが芋が大小30個くらい。

キュウリはお昼の冷やし中華で1本食べ、残りと大根はは明日なんとかしょう。ナスは1本だけど、皮に軽く筋目をつけて、オーブントースターで15分焼いて、焼きナスにする。じゃが芋は丸ごと茹でて、つぶして片栗粉を混ぜて親指大にして茹でると、ニョッキになるし、ハンバーグ大にしてフライパンで焼くと、もちもちした食感で美味しい。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-26 23:56 | Comments(0)

あじさい祭

道の駅多古へ出かけた。
http://www.michinoeki-tako.com/
家から来まで30分くらいだし、ちょうどあじさい祭の時期だからだ。
e0173655_224654.jpg栗山川をはさんで、両岸にあじさいが植えられ、周りの田園風景ととけあって、実にのんびりとした時間がながれている。春先に咲く川津桜もオーナー制度で植えられていて、孫や子どもの誕生祝いとか、両親にたいする感謝の言葉とかが書かれたプレートが添えられている。それらをひとつひとつ見ながら歩くのも楽しい。

e0173655_2219332.jpg

西洋あじさいは日本あじさい(ガクアジサイ)↑を改良して作られたものらしいが、日本あじさいの方が、楚々として、美しいと思う。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-20 22:23 | Comments(0)

牛蒡の新芽

畑に草引きに行った。
雑草が勢いを増す前に、少しでも草をむしっておくためだ。
子どもが小さい頃奉仕作業で学校へ行くと、若いお母さんが「雑草と花の芽の違いがわからな~い」と言っていたが、私は大丈夫だと思っていた。大根は大根の、人参は人参の葉っぱの形があり、芽がでて2~3cmも伸びれば、だいたいの野菜の名前を言えると思っていた。

ところが、牛蒡の芽がでている所で、スイカのような双葉が出ている所があり、雑草だと思って抜いてしまった。3~4回抜いたあとで、なんだか変な感じがして、よく見てみると、10cmくらいに伸びた牛蒡の葉っぱと同じ列にある。牛蒡の新芽を引き抜いてしまっていたのだ。

少し調べてみたら、牛蒡のスイカも双子葉植物だそうだ。生まれたては同じような形なのに、成長するにしたがって変化していくのは面白い!
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-17 22:27 | Comments(0)

今年の梅支度

今年も梅をつける時期がきた。夫が九州に帰ってちぎってきた梅が、二日遅れで届いた。12kgほどあったので、2kgを梅干に、残りを梅酒にした。毎年やっていることなのに、洗って漬け込むのに少し時間がたってしまって、みるみる間に梅が変色して、斑点が出てしまった。e0173655_1417746.jpg8ℓの瓶に、梅を2kg強、氷砂糖が1kg、ホワイトリカーが2本(36ℓ)その瓶が4本。3ヶ月もすれば飲めるようになる。

梅干は2kgの梅に400gの塩。重石は水を入れたビニール袋(二重にしてある)水なので、形が自由に変わり、瓶の口の大きさにかかわりなく中に入って梅の表面を覆うことができる。

らっきょうも漬けた。らっきょう1kg(中国製で下処理がすんでいる) 酢500cc砂糖500g水100ccを塩10gを煮立たせて、瓶に入れてさまし、鷹のつめ2本と水を切ったらっきょうを入れる。砂糖は三温糖にしてみた。時々瓶をゆすって汁がまんべんなくらっきょうにかかるようにして、三週間ほどで食べられるようになる。

去年漬けたラッキョウと梅干はもうなくなっていた。梅酒は1瓶残っていた。小瓶に移し変えておいたので、すぐになくなるだろう。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-13 14:35 | Comments(0)

今日の収穫

e0173655_2184531.jpg


そらまめとえんどうが収穫の時期をむかえた。
そらまめは鞘の中に2~3の実がはいっている。えんどうは、きぬさやで食べないで、実が育つのを待っていた。鞘の上下をはさみで切って、鞘ごと塩茹でにする。すじを取って鞘ごと食べる。もう少し実が膨らむと、しっかり豆の味がして本当に美味しい!

玉ねぎは去年種からまいて失敗したので、今年は苗から植えてみた。スライスして食べてみたら、辛味は全くなく甘味があって美味しかった。こねぎもザクザクと切って魚と一緒に煮た。白いところも青いところも、しっかりねぎの味がした。

農作業をしているのは、夫です。・・・・・(念のため)
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-07 21:28 | Comments(0)

レイルウエイズ

映画「レイルウエイズ」49歳で電車の運転士になった男の物語を観てきました。

>>筒井肇は、一流企業に勤める49歳。近々、昇進も決まり、会社での立場は確立。しかし、家庭を顧みない肇から、妻や娘の心は離れる一方だった。そんなある日、田舎で一人暮らす肇の母親が倒れたとの連絡が入る。追い討ちをかけるように、同期の親友が事故死したという知らせが。久しぶりに帰った故郷で、肇は想う。上り調子で来たはずのこれまでの人生。ただ目の前の仕事に追われ、走り続けてきた日々。家族を気遣う余裕もなく、母親にはまだ親孝行の一つもしてやれていない。気がつくと、すっかり息切れしている自分がいる。「俺は、こんな人生を送りたかったのか・・・?」そして肇は、決意する。子供の頃、母親に語った自分の夢、“バタデン”の運転士になることを。

自分の夢とか、やりたかった事とか、家族とか、夫婦とか、、親の事とか、いろいろ考えさせられる事がいっぱいありました。島根県を走る一畑電鉄の風景は、とても懐かしく美しい。
「何かを始めるには今が一番若い」とは友人から聞いた言葉です。

それにしても、千葉県のいすみ鉄道は、運転士になるための費用700万円を自分でだして応募する人がいたり・・・・ああ、高千穂鉄道!と思ってしまう。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-06-05 23:32 | Comments(1)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧