<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

箱根日帰りバス旅行

1月27日、いつも行っている映画館のアンケートに答えたら、箱根日帰りバス旅行に招待されました。
e0173655_22241967.jpg

その日は快晴で、いつも行っている添乗員さんもびっくりするくらい、富士山がくっきり、はっきり見えました。富士山が見えると、嬉しくなるのは何故でしょうね。

芦ノ湖のほとりの箱根園水族館と大涌谷にも行きました。e0173655_22301857.jpg

この水族館は、日本で一番標高の高い所にあり、毎日、駿河湾から海水を運んできているそうです。エイの裏側の目のように見えるところが、なんともユーモラスです。色とりどりの魚達は何時間見ていても、飽きません。海水魚館の他にも、淡水魚館もあって、そこには「バイカルアザラシ」という種のアザラシがいました。、ロシアのバイカル湖(淡水)に住んでいるそうです。見た目はそっくりのアザラシでも、生きる場所が海水と淡水で違うのですね。

e0173655_22411093.jpg

今回のバス旅行は、車内販売があって、ついつい買ってしまったものもありました。
左上の赤と緑の缶は アルミ缶入りのワインで、赤と白2個で1000円。 その下が箱根プリンスホテルのパン 3個で500円。 真ん中が黒はんぺんとわさびドレッシングと本わさびのセットで1000円。 右側が籠清のかまぼこで890円 その下が乾燥トマトで525円 そして 大涌谷名物 黒たまご 5個で500円。

サービスエリアでも、小腹の足しにチョコットお買い物。日本の景気は、元気なおば様達がささえているのです!?
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-28 23:08 | Comments(2)

完璧な主婦!?

昨日は、スイミングスクールの人達と、銚子の温泉へ日帰りバス旅行へ出かけました。

いつもは夫と二人で出かけていますが、今回は16~7名の女性の参加で、おしゃべりの花があちこちで大輪に咲いていました。それに、バスから見る風景は視線が高くなるので、いつもと違って新鮮に感じました。

その時の会話をひとつ。

私 「洗濯機が壊れて、タライで洗ってるの」
友 「へ~すごい!」
私 「ごはんも鍋で炊いているし」
友 「へ~すごい!」
私 「掃除機も使わないの」
友 「へ~何使ってるの?」
私 「掃除をしない!」
友 「・・・・・・・?」
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-24 22:51 | Comments(2)

納豆

納豆がからだにいいことは、分かっている。

でも、苦手だった。臭いや味はいいとしても、あのネバネバがいやだった。
唇について、乾いた紙ではうまく取れないし、濡れた布でも感触がいやだった。
だから、納豆は冷蔵庫でヒカラビテいた。

ところが、先日友人が「納豆をみそ汁に入れて食べる」と言っていた。
そうだ、汁物と一緒だとあのネバネバがなくなるのだ!
いいかもしれない!大根おろしと和えてもいいだろう!

ここ3日、納豆を食べている。

さてさて何日続くだろう(^^)V
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-19 21:55 | Comments(6)

洗濯機が壊れた!

昨年暮の帰省の前日、20年?使っている洗濯機が、回すと大きな音をたてるようになった。

こんな時、なじみの電器屋やさんがいないのは本当に困る!購入した店はとっくに閉店しているし、どの店に電話したらいいか分からない。年も押し迫っている。しかたないので、そのままにして里帰りしてきた。

年明けに帰宅したのは夜だったので、なんとなくタライで洗濯をしてみた。
直径が70CMくらいのタライに石鹸水(湯)をつくり、洗濯物を入れて、両足で踏みつける!湯船のへりを両手でつかみ、両足で洗濯物をかえしたり、踏みつけたりして洗い、床の上でお湯をかけながら踏みつけて軽く絞り、洗濯機で脱水する。(脱水機能は大丈夫だった)それをまたタライに戻し、2~3回ためすすぎをする。その後は、洗濯機で脱水して、おしまい。時間にして30分くらいだった。

面白かったので、面倒だと思っていたセーターも2枚洗った。

暖かい風呂の残り湯がつかえるし、手洗いならぬ足洗 は全身運動で、よく眠れる!

さてさて何日続くでしょう!?
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-13 22:40 | Comments(0)

お義母さんの魚ずし

e0173655_21315131.jpg田舎に帰ると必ずお義母さんは、「魚すし」や「いなりずし」などを作ってくれます。

今回はその「魚ずし」の作り方です。

1 新鮮な小鯵を背開きにする。
2 小鯵にたっぷりの塩を振り、2~3時間置いて〆る。
3 さっと水洗いして、小骨を抜く。
4 バットにすりおろした生姜、砂糖、酢を入れ、酢洗いした鯵をつけて、1晩置く。
5 翌日 酢めしを楕円形にして魚を乗せて、形を整える。
* 食べる時は2~3に切り分けます。

魚の開き方も関東と関西では違うみたいだが、切腹を嫌って、関東では背開きにすると聞いたことがある。
関西の腹開きを飛び越えて、九州が背開きなのも面白いと思う。

田舎から千葉へ帰る日の朝、目が覚めると、台所からごは炊ける匂いがして、寒い中でお義母さんが「魚ずし」を作って下さいました。食べたお寿司は、箸でほろほろとくずれ、ああ握力が弱くなっているのだなと感じました。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-10 22:02 | Comments(1)

橙と裏白

鏡餅の植物の由来を義母に聞いたら、「昔からの習慣だから意味は知らない」と言っていました。

そこでインターネットで調べてみました。
 は代々家が続くという語呂合わせの縁起物。元々、実のヘタに台が2つあるので、だいだい と命名された。実がついて熟した後も落ちずに枝についたまま、翌年には緑色の生まれたてのような実にもどる。一度実がなると4~5年以上は落果しない。(知らなかった!)

裏白 表面は緑色だが、裏は白い。裏を返しても色が白いことから、心に裏がない、清廉潔白を願い、かつまた白髪になるまでの長寿を願う。裏白は古い葉が落ちずに新しい葉が重なってできる。

橙も裏白も、家が代々栄えるように、家族が夫婦が仲睦まじく、長寿であることを祈願したもののようです。

つるめん ? 九州地方独自のものなのか、インターネットではわかりませんでした。
どなたかご存知ですか?
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-07 16:53 | Comments(2)

あけましておめでとうございます。

e0173655_16302420.jpg

今年のお正月は、九州の婚家で過ごしています。
風花の舞う寒いお正月です。

鏡餅は義母の手作りです。大小二つの土鍋にラップをひき、つきたての餅をながしこみ、冷まします。飾る時も、ラップは付けたままです。その方がカビないし、ひび割れないそうです。
三宝に半紙をひいて、うらじろ と つるめん を飾り、お持ちを重ね、だいだいをのせます。

使われている植物には、それぞれいわれがあるでしょうから、義母に取材して、次回お知らせしますね。

本年も、ゆる~い話題を、つれずれなるままに書き綴ります。
どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by kimiyone-chan | 2010-01-01 16:47 | Comments(1)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る