人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 641 )

別府観光

先週別府の病院を受診したので、夫とお決まりの「地獄めぐり」「高崎山」「うみたまご」を観光してきた。


自家用車で行っているのに、ランチからビールを頂いたので、駅前からタクシーに乗って地獄めぐりをした。別府は両親と妹と甥っ子二人と30年くらい前?に来たことがある。そのころよりきれいになっているような気がした。運転手さんのすすめで「竜巻と血の池と海の三箇所」をめぐった。

竜巻地獄まではタクシーで、その後の移動は市内路線バスだった。外国人が多くいたし、スイカが使えたので良かった。宮崎はまだスイカが普及していない。

e0173655_10534677.jpg

翌日は国道10号線を南下して「高崎山」へ。5月から7月は出産のシーズンだそうだ。いつもは名前をつけないが、5月6日に生まれた赤ちゃん猿第一号に「レイワ」と命名したそうだ。レイワのお母さんは12匹の赤ちゃんを産んでいるそうだ。今日生まれた赤ちゃんはまだ臍のうをつけたままお母さんにしがみついて行動していた。餌場に集まった猿達は無心に麦などの餌を食べていた。中央の切り株はボスの席で、その上の餌は独占できるそうだ。


「うみたまご」は「高崎山」と10号線をはさんだ海側にある水族館だ。水族館の色とりどりの魚が優雅に泳ぐ様はいつ見ても癒される。動物園のような臭いが少ないのもいい。夢のまた夢だが、自宅に大きな水槽を置いて、熱帯魚を飼ってみたい。



by kimiyone-chan | 2019-05-23 10:56 | Comments(0)

甲状腺の検査

3年前の肺のCT検査で、喉仏の裏に小さなしこりが数個見つかった。それから1年に1回エコーで経過観察をしていた。今年になって、1個が8mmくらいになっているので、専門病院で細胞診をするよう勧められた。甲状腺と言えば別府の”野口病院”ということで夫を運転手に頼んで、二人で温泉旅行に出かけた。


検査には、受診のおおむね1週間前からできるだけ海産物を食べないようにしなければならない。魚介、海藻、出汁などに含まれるヨード(ヨウ素)が、甲状腺の検査に影響を与える場合があるためだそうです。


>ヨードを多く含む食品<

●海藻類 海苔・昆布・ひじき・寒天・わかめ・等

●貝類 あさり・しじみ・かき・あわび・貝柱・貝のだし汁・等

●魚類 魚類とその加工品(蒲鉾・ちくわ・さつま揚げ・缶詰・干物・塩辛・等

●肉類 内臓の部分のみ(レバー・モツ・砂ずり・ホルモン・等

●人工着色料(赤色) チェリー・福神漬け・紅生姜・着色した飴、ソーセージ・等

●インスタント食品 内容食品が不明なのでなるべく食べない

●こんにゃく 海藻粉末入り・褐色・緑色

●だし汁 にぼし・鰹節・昆布・いりこ・和風だし・等は使用禁止

●飲料水 十六茶

●健康食品 内容成分が不明なので食べない


ほとんどが好きな物ばかりだ。ほんだしにはかつおエキスが入っているので、味噌汁も飲めない。

洋食は問題がないのだが、中濃ソースには貝エキスが入っていた。


>ヨード含有の少ない食品<

●穀類 ごはん・パン・麺・餅・等

●肉類 牛肉・豚肉・鶏肉・等(ただし、内臓は除く)

●野菜・果物・きのこ類 すべての野菜・果物・きのこ類

●芋・卵類 すべての芋類・卵は1日1個まで

●豆類 豆腐・油揚げ。厚揚げ・すべての大豆食品・枝豆・煮豆・等

●牛乳 1日200mI程度

●野菜の漬物 ただし、人工的に着色したものや鰹節の入ったものは除く

●コーヒー・ジュウス・緑茶・ウーロン茶・等 ただし十茶は除く

●その他 ヨード制限に支障はありませんが、喫煙は健康上好ましくありませんし、過度の飲酒も   好ましくありません


検査が終わったら、魚を食べまくるぞ~~~と思って過した。一般的な検査の後、喉に麻酔もせず注射針を刺して、思いの外グリグリと細胞診があった。


検査の結果全く自覚症状はないが、「橋本病」と診断され要経過観察になった。



by kimiyone-chan | 2019-05-17 11:57 | Comments(0)

口をすすがない歯磨き

5月8日のNHK総合テレビ”ためしてガッテン”で面白いことをいっていた。

歯磨き粉(ペースト)にフッ素が入っていることは誰でも知っているが、そのフッ素を歯磨きの後、口をゆすがないで口中に残しておく方が、虫歯予防効果が高いそうだ。1995年からスウェイデンで提唱している”イエテポリテクニック”という方法だ。

歯磨き粉(ペースト)を歯ブラシに2cmくらいつけて普通に磨いて、口中にたまった液体を ペッと吐き出す。その後水で口をゆすがない!

エエエ~と思ったが、やってみた!くちびるについた歯磨き粉はピリピリするのでふき取ったが、2回くらいペッとやったので、大丈夫だった。少し刺激の強いガムをかんだ後のような感じ。2時間くらいは飲食をしない方がいいらしいので、そのまま寝た。翌日は歯がつるつるしていた。食事をしてもつるつる感は残った。

番組では、年に1回以上の歯医者(歯科衛生士)による「プロケア」と一緒に薦めていた。スウェイデンでは90歳をすぎても自分の歯で食事をする人が沢山いるそうだ。それじゃ孫に教えなくちゃと思ったが、12歳以上が適応らしい。



by kimiyone-chan | 2019-05-12 11:26 | Comments(0)

茶畑からの風景

e0173655_19394505.jpg
今年も茶摘みの時季になった。毎年一度だけ茶摘みをする。

山の南側の斜面の土留めのために植えてあるお茶の木10列を、家族三人で摘み取る。
空は高く、風はさわやかで、ウグイスの鳴き声もする。反対側は谷をはさんで大人集落だ。
目を左に転じれば、日之影中学校の緑の三角屋根も見える。

時はまさにGW。眼下の国道をひっきりなしに車が通る。その爆音が風にのって畑まで届く。
ふだん静かな山間の町でも、GWと盆暮れ正月は交通量が増え、右折左折に戸惑うことがある。

始めの頃は手摘みだったので、せいぜい生葉で7~8kgしか摘めなかったが、
去年から「茶摘み鋏 袋つき」を導入したら、収穫量が飛躍的にUPした。


e0173655_19400261.jpg
長い柄のついた鋏に袋が付いているのだが、袋の下は閉じてなくて、右手で袋の下をつかみながら、両手で鋏を動かし、袋の中へ茶葉を刈り込んでいく。有る程度たまったら、下側の手を離して別の袋に入れる。

去年は生葉で50kgあったが、今年は30kgだった。
遅霜の影響で、葉の生育が悪かったようだ。



by kimiyone-chan | 2019-05-03 20:13 | Comments(0)

平成から令和へ


平成最後の日4月30日に”胃カメラ”をのんだ。


三年前、なにか喉に違和感があり高千穂病院の内科を受診したところ、胃カメラで検査してみましょうということになった。生まれて初めての胃カメラ。興味津々。妹からは苦しくてカメラの管を引き抜いたという話を聞いていたので、麻酔で寝ている間にやってもうことにした。1時間半ほどたって目が覚めると、モニターで胃の内側を見ながら、少し荒れているのはピロリ菌のせいかもしれない。ということだった。喉のことはなにも言われなかったが、ピロリ菌を駆除することになった。


ピロリ菌の駆除も無事に終わり、一年後にまた様子を見ましょうということで、二回目の胃カメラをのんだ。その時も少し荒れているので、一年後の予約をして帰った。その三回目が昨日だった。去年の暮れあたりから、食べすぎなのか胃がもたれる感じがあった。朝起きた時にすっきりしていないような、時々げっぷがでるし、気になるといえばなるような。気にならないといえばならないような。不快感があったので、ひょっとして”胃がん”なんて思っていたのに、結果は「異常なし」だった。

一個ポリープがあるけど、良性のものだそうだ。町の健康診断のバリュームものまなくていいそうだ。

次の検査は二年後。保険で約4000円。安心した。


今日は新元号1日目。テレビではお祭り騒ぎを映し出しているが、いいことだと思う。つくづく日本は平和な国だなと思う。世間の10連休などなんの関係もなく、私は今日次のことをした。


①リビングの冬用のカーペットを夏用に変えた。

②台所の換気扇のフィルターを変えた。

③お風呂に防カビくんをたいた。

④お風呂の固形石鹸を新しくした

⑤手芸用小物の整理をした。


やっていることは年末の大掃除と変わりない。令和が争いのない平和な時代でありますように。



by kimiyone-chan | 2019-05-01 21:18 | Comments(0)

市松模様のバッグ

e0173655_15290733.jpg
今回のような旅行があると、なぜか必ず旅行バッグが作りたくなる。すでに5~6個のボストンバッグがあるからいらないのだけど、なぜかどうしても作りたくなってしまう。ほとんど病気だ(笑)

生地は以前に買ってあった2種類のデニム。なににしようというあてはなく、なんとなく何かできるだろうと買い置いてあった物で、色合いの違いから「市松模様」にしようとひらめいた!!

右端がボストン・バッグで、裏側はキャリー・バッグに載せられるようにホルダーをつけてある。ファスナーは両開き。ファスナーの両脇は包みボタンで留めて、コロンとした四角い形になる。3~4泊分の荷物が入る。

真ん中はショルダーにもハンドバッグにもなる。Uの字を2枚重ねた形で、前後にポケットもあるので、五つに仕切られている。2~3泊分の荷物がはいる。ディズニーシーでは大いに役にたった。

左上がUの字を重ねた形の長財布。ガード入れも付いている。左下がポシェット。内ポケットと前後にポケットがついて、四つに仕切られている。ひも付けは今回始めて「かませ金具」を使ってみたのだが、かなづちの力加減がわからなくて、ゴンゴン打ち付けていたら、溶接してあったワッカが取れてしまった。本体がポシェットに取り付いているのに肝心のワッカがないという失態をしてしまった。仕方がないので、ワッカを糸で縫いとめた。トホホ(笑)次からは気をつけよう!





by kimiyone-chan | 2019-04-28 15:59 | Comments(0)

4月11日(木)晴れ


今日は日之影へ帰る日だ。昨日とは打って変わって上天気。モノレールの大井競馬場がら雪を被った富士山がはっきり、くっきり見えた。富士山が見えるとなんだか嬉しい。


飛行機は熊本空港に20分遅れで到着した。車は空港に預けてあった。駐車料金は1日800円だったので、4100円支払った。


熊本、福岡方面へ行く時、ランチは高森の”うま屋”をよく利用する。川魚料理の店なのだが、「やまめのから揚げそば」が絶品で、毎回決まって注文する。家庭ではなかなかあのように魚を”からっと”揚げられないのだ。


自宅に帰って一息ついて、母を「青雲荘」に迎えに行った。母は在所中に髪を切ってもらって、さっぱりしていた。開口一番「迎えに来てくれて、ありがとう。寂しかった」と言った。東京にいる時もいつ何時母の様子が急変して、「すぐ帰って下さい」と携帯が鳴るのではないかと気になってはいたが、元気はよさそうだった。でもやっぱり寂しかったかあ~。


今日からまた、母との日常が始まる。




by kimiyone-chan | 2019-04-25 16:24 | Comments(0)

4月10日(水)雨

天気予報は当たって朝から雨だった。暴風雨という程ではなかったが、釣りは中止になった。勝浦の朝市もやっていないだろうということで、御宿両親の家で寛がせていただいた。今日は午後6時から東京港区大門で、中学校のミニ同窓会をすることになっていたので、御宿駅まで送っていただいたら、特急電車に乗ってゆっくり旅立つつもりだったが、御宿パパが千葉駅まで送って下さることになった。昨日もわざわざ迎えに来て下さって、今日も送って下さるなんて、恐縮だが、お言葉に甘えることにした。



毎回のことだが、御宿両親(娘婿のご両親)にはいつもお世話になってばかりいる。宿代から食事代、お土産まで皆支払っていただいた。こちらが払おうとすると「とんでもない」「とんでもない」と言って、支払はせてくれない。宮崎から自家製の物を送ると、すぐに御宿ママの出身地新潟の”越しの寒梅”や海の幸が送られてくる。私はいつも「海老鯛」だと恐縮してしまう。どうも私達夫婦は「人の厚意は無にしてはいけない」と思い込んでいるので、ついつい素直に甘えてしまう(笑)


なにかお返しをするには、御宿両親を九州にご招待するしかないと思っているのだが、御宿パパは船も飛行機も苦手だそうだ。実際、鯛の浦の遊覧船にもパパは乗らなかった。ならば、東京から博多まで新幹線か、陸路を自動車でということになりそうだ。



お昼にお寿司をご馳走になって、3時には東京の友人宅に着いた。リフォームした友人のマンションに荷物を置かせてもらって、時間までブラブラすることにしたが、雨の中どこに行くあてもなかったので、浜松町の書店と、いつも通過するだけの東京駅の駅地下へ行った。どこから人があふれ出てくるのだろうという人々に圧倒されながら、構内放送の音量に辟易しながら、ブラ~としただけで戻った。


中学校のミニ同窓会は、港区芝大門の”都映(みやこうつし)”を会場に、男子3名+夫+女子3名が集まった。保育所も小学校も中学校も重なる所があるので、子供の頃の話で盛り上がった。それぞれがすっかり忘れていることや、しっかり覚えていることがあって、時間のたつのも忘れて、しゃべって、食べて、飲んで、楽しい時間を過した。




by kimiyone-chan | 2019-04-22 14:15 | Comments(0)

今回の旅行の目的の一つが「釣り」だったが、明日は低気圧が近づいていて、大荒れの予報だった。でも御宿パパが夫に、近くの海岸で釣りの手ほどきをしてくれた。私は御宿ママとゆっくりおしゃべり。明日お天気が良かったら、男性組は朝4時に起きて1時間程ルアー釣りをして、それから女性組と勝浦の朝市に行く予定だった。


今夜の宿は、郷土料理の宿”マタエム”地どれの海鮮の料理が有名で、釣り客やサーファーなど県外からのお客さんが多いそうだ。7時からの夕食には食べ切らないほどの料理が並んだ。伊勢海老の刺身やサザエのつぼ焼き、金目鯛の煮付け、想像できる全ての料理がならんだように思う。でも、60代の二人では食べ切れなかった。



by kimiyone-chan | 2019-04-20 22:26 | Comments(2)

4月9日晴れ その1

今日はレイナの小学校の入学式だった。新入生は150人で5クラスあるそうだ。式にはレイナと両親が参列して、私達と婿殿のご両親(御宿両親)は1時からの会食で合流することになった。低学年のうちにPTAの役員をやっておきたかった娘は、くじで選ばれなかったそうだ。


会食の後、私と夫は御宿両親の車で御宿へ向かった。千葉市から御宿まで約2時間。車中で勝浦の 鯛の浦 へ行こうということになった。鯛の浦は日蓮上人の生誕の地で、深海魚の鯛を目近で見ることができる。スマホで遊覧船の最終時間を調べると、15:50、後20分しかなかった。間に合うかどうかギリギリの時間だったが、御宿パパの機敏な運転で、出港1分前の遊覧船に飛び乗った。(笑)

e0173655_17420092.jpg

海面一杯に赤い鯛が盛り上がってくる図を想像していたら、なにやら大きな黒い魚が浮かび上がってきた。えっ何、鯛???と思っていたら、ヒラマサという魚だそうだ。その後からピンク色をした美しい鯛も数匹浮上してきた。綺麗だった。天然記念物に指定されているので、誰も釣らないし、船頭さんが餌を投げるので、エンジンの音を聞いただけで、いろんな魚が集まってくるそうだ。

e0173655_17421716.jpg


その後御宿の”月の沙漠”の像を見物した。

♪月の沙漠をはるばると  旅のらくだがゆきました

  金と銀とのくらおいて  二つならんでゆきました ♪

御宿町は 月の沙漠の作詞家 加藤まさを氏が晩年をすごした町です。


by kimiyone-chan | 2019-04-18 17:46 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan