母のこと  その7

母の体調は、良い時と悪い時の波がある。


良い時は、自分でベッドから立ち上がり、手すりを伝いながら5~6mを移動できる。洗面所で立って洗顔ができる。着替えも時間をかけて自分でできる。食事も私達と同じものを食べられる。食事の後小一時間を椅子に座ってテレビを見ることができる。今まで一度も開いたことの無かった新聞を読もうとする。トイレも自分でできる。その他の時間は寝ている。


悪い時は、朝起きてこない。食欲が無いと言って、朝食と昼食が一緒になる。ベッドから立ち上がれないので、介助がいる。ちょっと動くと「あ~きちい」とベッドに倒れこむ。それでも夕食は私達と一緒にすませる。新聞も読まなければ、テレビも見ない。


一日のトイレの回数を記録してみたら、24時間で16回という日が続いた。割ってみると、1・5時間に1回ということになる。なんとか夜中に熟睡してもらいたいので、デバスという安定剤を午後11時に1錠のませてみたら、朝まで2回起きただけだった。2錠ならもっと寝てくれるかとやってみたけど、その夜は4回起きた。焼酎ならどうだろうと、お湯割をお猪口1杯くらいで試してみたけど、2~5回起きて、熟睡という日はなかった。母は昼間ず~~と寝ているので、夜寝られない日があるらしい。「昨日は一睡もできなかった」と言う。下の世話にはならない!というのは女性としてのたなみだと思う。一日中トイレのことを考えているのは、脳がまだボケていない証拠かもしれない。


母は心筋梗塞なので、利尿剤が処方されている。オシッコがでないと肺に水がたまるそうで、体重の増加に気をつけて下さいと言われている。母の体重は着衣で約35kg。2~3年前は37~8kgだったと思う。


さすがに私も、眠りが分断されるときつい。昼寝はしようと思えばできるけど、なんとなく忙しい。車を運転していて眠くなる時がある。そこで、一晩は別の部屋で寝てみた。一度も目が覚めなかった。母はというと、トイレを使った形跡があった。何回起きたかはわからないけど、自分でできたのだ。


トイレの回数が多いのは、薬のせいでも、可活動膀胱のせいでもなく、体調のせいではないかと思っている。起きない時は、起きる元気もない!ということ。起きる時は起きる元気があると言うこと!熟睡できなくても、体調がいいと、喜ぶべきか??


[PR]
by kimiyone-chan | 2018-10-10 10:05 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧