公代という同じ名前の者として

9月2日の朝、同級生のニイゾエキミヨさんが亡くなりました。病名は聞いても覚えきれなかったのですが、自分の免疫力が自分を攻撃する難しい病気でした。彼女は3年くらい闘病していました。


高校生の時、同じ公代という名前の可愛い人がいることは知っていましたが、あまり話す機会もないまま卒業し、2005年の台風14 号で崩壊した高千穂線の、存続応援のために再会しました。


その「じっとしちょ連」の活動や同窓会などで共に楽しい時間を過し、オーストラリアやイギリスを一緒に旅行しました。「西六会」という掲示板を立ち上げてくれたのも彼女でした。その掲示板は今でも続いていて、世界各地に住んでいる同級生の親交を深めてくれています。


彼女は頭の回転が早くて、元気で明るく、行動力があり、お酒が大好きで、人の面倒見がよく、おしゃれで、大輪の花のように輝いていました。そして皆に好かれていました。


妹がお見舞いに行った時、状況が許せば、私は電話で彼女に「アメージング・グレイス」と「歓喜の歌」を歌おうと思っていました。もし歌うことができていたなら、彼女は「なんけ、その歌。ねぶかがくさるが~」と笑ってくれたかもしれません。


私は神も仏もいないと思っていますが、こんな時は何故神様は貴女を選んでしまったんだろうと思います。神も仏も信じませんが、魂の存在は信じています。人の魂は肉体から離れると、魂となって、時空を駆け巡ります。皆が貴女の事を思い出して話しかけるので、しばらくの間貴女は忙しいと思います。話しかけた人の左後ろに立って、「ふむふむ」と話を聞いて「ま、元気をだしね」と励ましてくれることでしょう。


同じ公代という名前を持つ者として、貴女の分も、元気に楽しく頑張ります。どうぞ天国から見ていて下さい。


[PR]
Commented at 2018-09-05 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiyone-chan at 2018-09-07 08:48
宜しく>ありがとう
by kimiyone-chan | 2018-09-04 10:47 | Comments(2)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧