人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

母のこと その3

母の話が二転三転した話。


一番最初に母に「何しよったと?」と看護師さんが聞いた時、「道路の側溝の掃除をしようと思った。スコップの角が顔にあたった」と言っていた。でもスコップは見当たらない。


次に、道路に倒れていた時、4台の車が通りかかったが、誰も助けてくれなかった。と言った後、本当は車にはねられたのだと言いだした。その車は近所の人で、そのまま立ち去ったと言っていた。こんな田舎で、道に老婆が倒れていて、見過ごしにする人がいるだろうか?


その次に、「ある男の人が教えてくれたつじゃけんど、私が立っている後ろから、突き飛ばした人がおる。その人の名前も聞いちょる」と言い出した。「だれけ」と聞くと、「知ちょるひとじゃけん、よういわん」と言ったが、ぼそっと名前を言った。午後3時頃なので、勤務中のその人がそこにいるはずはなかった。


家から100mくらい離れた場所で、右目の上を切って、雨に濡れながら助けを呼んでいた母の声を、近所の奥さんが聞きつけて、軽トラックに乗せて病院へ運んで下さった。40kg未満の母の体を車に乗せるのも大変だったと思う。この時母は靴を片方しか履いていなかった。1mくらい離れた所に田んぼの用水があるので、そこに流れたのだろうかと思った。でも、この1mをどうすれば靴が移動できるか疑問だった。薄紫の介護用の靴で気に入っていたので、残念だった。


右目の上の傷は、杖かガードレールにぶつかったのではないかと思う。7針くらい縫って、今は綺麗に治っている。靴のことだが、新しい靴を買ってきて、靴箱に仕舞おうとした時、見覚えのある靴が片方そこにあるのを発見した。なんと、母は片方の靴をはかないまま、砂利道を100mも、杖をつきつき歩いていたのだ。


おそらく母は、私がいないので、寂しくなって、外に探しにでたのだと思う。それは今でも「キミヨ~キミヨ~」と呼ぶのでベッドに行ってみると、「あっ、おったつけ!なんでもない」と言っているので、一人でいることが寂しくて、怖くてたまらないのだろうと思う。それまでは用を済ませる時は口頭で言っていたが、それからは「ホワイト・ボード」に行き先と帰宅時間を書いて、見えるところに置くことにしている。


by kimiyone-chan | 2018-08-31 10:38 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan