ほたるの一生

6月の楽しみは、「梅仕事」と「ほたる狩」だ。

日之影にUターンして始めての6月に、日之影の追川地区で、乱舞するほたるを見た。その感動が忘れられなくて、毎年楽しみにしていたのだが、年々数が少なくなって、がっかりしていた。

ところが今年は「いっぱいいるよ」との情報だった。しかし、夕方6時ころまでは晴れているのに、薄暗くなると音を立てて雨が降り出すことが多く、残念だった。

12日はようやく雨が降らなかったので、まだ明かりの残る7時くらいに出かて、じっとまっていたが、少し肌寒く風もあったので、思った程ではなかった。翌日はすっかり暗くなった8時頃に出かけたら、いつもよりたくさんのほたるを見ることができた。でも20代のころ長谷川で見たほたるには及ばなかった。

なんとなく知っていそうで知らない「ほたるの一生」をネットで調べてみた。

産卵(6月)

ホタルのメスは、成虫になってからすぐに卵を産めます。1匹から約5001000個の卵を水辺の湿ったコケなどに産み付けます。

ふ化(7月/卵期間約1ヶ月)

ほぼ1ヶ月でふ化します。ふ化したらすぐに水中に入ります。

幼虫(8月~来年4月/水中生活約9ヶ月)

幼虫は、約9ヶ月間水の中でかわになをモリモリ食べて成長します。

さなぎ(5月/地中生活約40日)

雨上がりの湿った土に上がり、土のうを作りさなぎになります。

成虫(6月/飛翔)

オスが先に羽化し、メスは1週間ほど遅れて羽化します。成虫になってからの寿命は約2週間です。





[PR]
by kimiyone-chan | 2018-06-22 15:28 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る