疲労性神経痛???

5月1日に、岡山の仕事を終えて帰宅した夫が、「肩が痛くて首がまわらない」と言う。岡山から福岡まで約500km、福岡から自宅間約180km ずっと一人で車を運転してきたのだから、疲れがでたのだろうと思う。時々小さな声で「ア、イタタ、ア、イタタ」と言っていた。

翌日は病院行きを勧めたが、「いい」の一点張りで行かなかった。もともと夫は自然治癒力を信じているというか、病院嫌いというか、病院へ行きたがらない。アリナミンEXを飲んで、安静にしていれば治る!と信じている。神経痛のような痛みがすると言うので、私が「疲労性神経痛」と言う病名をつけた。お昼ごろは少し良くなって、首が半分ほど回るようになっていた。そろそろ茶摘みの時期だけど、雨だったので、今日は休養日と静かに家の中で過した。

3日はやっぱり痛いらしかったが、ゴールデン・ウィークの最中で病院は休みだった。寝返りするのも痛いらしく、起きていた方が楽だと言っていた、この調子では茶摘みは来週に延期した方がいいなと思っていたら、4日に茶摘みを実行した。茶葉と言っても袋にまとめると10kg以上あるし、風も強く、かなり寒かったので、体にこたえたみたいだった。

5日 なにか悪い病気じゃないかしらとか、このまま治らないのではないかしら?と悪い想像がふくらんで、私の方も眠れなくなっていたが、新聞の休日当番医が延岡の整形外科にあるのを知って、無理やり夫を連れて行った。診察の結果、「首の骨の軟骨の磨耗で、神経痛になっている」と言うことだった。「年相応ですね。無理はしないように」とも言われた。夫はあさって69歳の誕生日を迎える。当たり前といえば当たり前のことだが、見た目元気そうだから過信していたが、年相応なのだ~(笑)

原因が分かり、薬を処方してもらったら、随分体が楽になったようだ。私もふくめ60台後半。前期高齢者。体はいたわりながら、少しの無理はしながら、元気に楽しく生活していかなくては!と思った。

[PR]
by kimiyone-chan | 2018-05-06 10:03 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧