鳥丸軍雪展

e0173655_14424620.jpg

宮崎市のアートセンターで、「鳥丸軍雪展」が開催されていたので、出かけました。

ダイアナ妃のイブニングドレスのデザイナーとして、お名前は存じ上げたいましたが、宮崎県の出身者だとは知りませんでした。氏の紹介文をネットから引用しました。


英国オートクチュール界のトップデザイナー鳥丸軍雪は、1937年に宮崎県小林市に生まれました。ロンドンカレッジ・オブ・ファッションで学んだ鳥丸は、世界的ファッションデザイナーであるピエール・カルダンの下でアシスタントデザイナーを務めた最初の日本人となります。カルダンから独立後、1972年からロンドンでコレクションを発表し始め、英国を代表するデザイナーに成長。初期の作品に見られる、流れるようなドレープと独創的な布のカットから『ドレープの魔術師』、『絹の彫刻家』と称されるまでになります。英国で様々な実績を上げ、日本にも活躍の場を広げた鳥丸は、1986年にダイアナ元英国皇太子妃が来日した際に着用したロイヤルブルーのドレスで一気に注目を集め、現在に至るまでスウェーデン王国シルビア王妃のノーベル賞授賞式でのドレスや、日本を代表するタレント黒柳徹子さんの舞台衣装など、国内外にわたって多くの著名人の衣装デザインを手掛けています。


ドレスの案内に、「カクテルドレス」「イブニングドレス」と書いてありましたので、ちょこっと調べてみましたら、
カクテルドレス はイブニングドレスとアフタヌーンドレスの中間に当たるドレスで、セミフォーマルに属する。家庭的でプライベートなパーティに出席する時着る服。

イブニングドレス は一般的に女性の夜会服をさす。胸や背中が広く開いた袖なしのワンピース。レースやベルベットなどの豪華な絹地を用いる。丈は床までが正式である。


どちらにしてもわたしには縁のないドレスですが、和服で言ったら、「留袖と小紋」の違いかしらと思った次第でした。ついでに、ドレープは自然にできたひだ。プリーツは布を折って縫うことによってできたひだ だそうです。

ドレスの展示は思わずさわってみたくなるのに、さわれないものばかりで、実際にさわって生地の質感が分かるものがあるといいのにと思いました。





[PR]
by kimiyone-chan | 2017-10-17 14:45 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る