人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

いのちをいただく

5月15日の「赤十字恋和神チャリティコンサート」が盛況のうちに終わって、一週間経とうとしています。美しい風景をめで、心地よい風に吹かれながら、大変楽しい時間でした。生で聞く歌声も楽器の音色も、「地域医療と命」「山に住む人を仙人という・・・」などの講演も感心し、うなずくことばかりでしたが、UMKアナウンサーの高橋巨典さんの「読み聞かせ(いのちをいただく)」がたいそう心に残りましたので、書いておこうと思います。

いのちをいただく
坂本さんは食肉加工センターにお勤めです。
牛や馬を屠殺して解体するお仕事です。
坂本さんはこの仕事がずっといやでした。
「いつかやめよう、いつかやめよう」
と思いながら仕事をしていました。
  という文章で始まり

坂本さんは、もう少しこの仕事を続けようと思いました。 という文章で終わっています。


私達は、食べ物の命をいただいて、生かされているのだなという事を、改めて考えさせられます。

是非、「いのちをいただく」を検索してみて下さい。

それから、読み聞かせは子供だけのものではないと、思いました。
Commented by 深角駅長 at 2011-05-23 00:08 x
本当に後援者さん達はプロですね 心に響いてくる言葉です そうなんです 私たちは命を頂いて 生かされているのです だから自分の命 人の命 食物の命 大事にして感謝をしなければなりません
昔の人達は 動物でも食物でも 余すところなく全部使ってました だから昔の人に学べです きっとまたそう言う時代が来ます 節電や停電にそなえ 今から緑のカーテンをやって行こうと思ってます
セレブハムヨさん 応援有難うございました
by kimiyone-chan | 2011-05-21 22:57 | Comments(1)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan