人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

青森下北半島旅行2日目の2

当日の定期観光バス(仏ヶ浦遊覧・大間崎コース)の乗客は私達を含め8人でした。定刻13:15に大湊駅を出発したバスは、佐井港から高速遊覧船に乗り換えて、仏ヶ浦に上陸して奇岩の数々を見物しました。
e0173655_2303026.jpg

風雪厳しい津軽海峡の荒波が削り上げた大自然の造形で、↑これは蓬莱山と名付けられた岩です。他にも五百羅漢、如来の首、一ツ仏 等と名付けられた巨石がありました。少しでも波や風が強いと船は出航しませんし、上陸することも出来ないので、私達は運がいいとガイドさんに言われました。

その後は、鮪の一本釣りで有名な大間漁港へ!北緯41度33分、本州最北端の岬大間岬と、北海道との距離はわずか17.5km 晴れた日には、函館市内の建物までくっきりと見えるそうですが、この日は霞んでいて見る事ができませんでした。大間で水揚げされた鮪はすぐに築地へ搬送されるので、いつでも大間で鮪が食べられるわけではないそうですが、胃袋とのどと心臓は漁師さんの物なので、大間で食べることができました。

バスは定刻より30分早くその日の宿 津軽海峡に面した下風呂温泉へ。下風呂とはアイヌ語で「臭い岩」という意味だそうで、町は硫黄の臭いがしました。お湯は乳白色で、肌がすべすべになりました。又ここはいさり火の見える温泉としても有名なのですが、肝心の10時から4時くらいの間寝ていたので、いさり火を見る事ができませんでした。残念!

e0173655_23365891.jpg

↑メモリアルロード 太平洋戦争中の昭和18年に工事が中断された幻の大間鉄道橋が、2005年春、遊歩道として復活。遊歩道の中央には足湯が作られ、足を湯に浸しながら、津軽海峡や北海道恵山岬を望むことができます。夜はいさり火を見ることもできます。60年前の鉄道を復活させたということに感動しました。
Commented by 羽衣あられ at 2010-07-31 09:50 x
ご夫婦そろっての旅行いいですねぇ。

すっかり二人合わせて100歳を超え、フルムーンも楽々クリアー。
いつの間にかそんな二人になりました、私たち。

年齢を重ねてゆっくり出かける旅もいいですよね。

だけど、観光バスお客様二人っきりにはちょっと大変でしたね。

いい思い出になりましたネ・・・(*^_^*)
Commented by ねーちゃん at 2010-07-31 23:33 x
今度の旅行は車を運転しないということだったので、小学生の遠足のように、おつまみ袋を二つ持っていきましたが、ガイドさんの話に相槌を打っていたので、食べたり飲んだりする暇がなくて、そもまま持って帰りました。(笑)
by kimiyone-chan | 2010-07-29 23:47 | Comments(2)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan