人気ブログランキング |

ねーちゃんのひとり言

nechan.exblog.jp
ブログトップ

生命のメッセージと愛の歌 1

東金文化会館へ「生命のメッセージと愛の歌」展を見に行って来ました。

一つは「井上保孝・郁美ご夫妻による講演」で、
●1999年11月28日東名高速道路で、酒酔い運転の大型トラックに追突され、乗用車が炎上し、二人のお子さんが焼死。ご主人も重度のやけどを負った。加害者の男は飲酒運転の常習者だった。・・・・・

お話を伺う前は、飲酒運転いけないに決まってるじゃない!つらいかわいそうな話は聞きたくないわ!という気分だったが、ご主人がこれまでの裁判のながれを、奥さんが事故当日の様子を、冷静に話されるのを聞いていると、自分の認識の甘さを再確認した。

1999年当時、飲酒運転による刑罰は最高刑が5年だったが、何度かの改正で今は20年になった。しかし、そのことによって、飲酒ひき逃げが増えているそうだ。事故をおこしても、時間がたって酔いをさまして自首することで、刑を軽くしたいという気持ちが働き、被害者は放置され、助かる命も助からなくなってしまう。そんなことが増えているそうだ。

奥さんのお話の一部です。「お酒は合法的な薬物です。だんだんと判断ができなくなっていきます。日本では、お酒をたくさん振舞うことが、最高のもてなしだと思われているので、一杯だけだと思っていても、すすめられるうちに杯を重ね、判断力を失います。たった1000円のタクシー代がおしくなり、大丈夫だからと車を運転してしまいます。しらふでは考えられないこと、絶対しないことをしてしまうのです。
事故現場に焼け残った物に、チャイルドシートの金属の留具がありました。子供達は車に乗ったら、チャイルドシートを締めるというルールをしっかり守っていました。大人はルールを守っていたでしょうか」

そして、お酒の席で「私は飲みません」「私は飲めません」「私は車を運転しません」「私は車を運転します」などの意志表示をするカードやコースターなどを作って活動している団体があることを紹介していました。

私も夫もお酒が好きで、車の運転をします。ちょとだけならという気がたしかにありました。これからも気を引き締めていこうと思います。
by kimiyone-chan | 2009-08-02 22:55 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan