まる・まるアップリケの付け帯

以前に作った「まる・まる模様のバッグ」2点が気に入ったので、着物の袖でつけ帯を作った。
e0173655_14151622.jpg
前帯は着物の袖1枚を、縦半分に折って体に巻きつけ、お太鼓は、もう1枚の袖で形を作って帯枕で、背中に背負う。手と帯締めで形を整える。もちろん裏も使える様にしてある。

パッチワーククラブの作品として、渓谷まつりに出していたら、社会福祉協議会の人の目にとまって、「宮崎県高齢者作品展」に出品することになった。高齢者??前期高齢者だから間違いではないのだ(笑)


[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-12-13 14:27 | Comments(0)

大相撲延岡場所

12月7日(金)延岡体育館で、大相撲の冬巡業があり、夫と二人で出かけた。


子供の頃から、テレビで相撲観戦はしていた。大鵬、先代の朝潮の時代で、柏戸が好きだった。大人になってからも、テレビが点いていれば見るという程度だったが、ずっと関心はもっていて、一度この目で、大相撲を見てみたいと思っていた。夫が福岡に住んでいたので、一回くらいは九州場所の観戦がしたかったが、なかなか実現しなかった。


それが延岡場所があることを知り、早速申し込んだ。タマリA席(1名分)12000円。お弁当・お土産券3000円。お土産には相撲カレンダーがついているだろうから、それがねらいだった(笑)でも会場が体育館で、平らな所に座布団がひいてあって、窮屈だったので、もし次の機会があるなら、椅子席にしようと思う。


e0173655_13440757.jpg
九州出身の三力士が、記念撮影に応じてくれていて、付き人さんにカメラを渡すと撮ってくれた。左から琴奨菊(福岡県柳川市)、琴恵光(宮崎県延岡市)、嘉風(大分県佐伯市)琴恵光はご当地出身力士だけあって、すごい人気だった。

九州場所休場中の三横綱の、稀勢の里と鶴竜は不参加だったが、白鳳はぶつかり稽古や横綱の〆方の実演などに参加していたが、本相撲はとらなかった。足のテーピングがしてなかったので、もしかしてと思っていたけど、まだ本調子ではないのだろう。

朝8時から午後3時まで、ぶつかり稽古や相撲甚句、初切、十両力士の土俵入り、櫓太鼓打ち分けなどがあり、立会いと共に楽しませてもらった。化粧廻しもきれいだった。琴恵光も番外で遠藤と、本割で大奄美と立ち会ったが、いずれも勝った!館内は割れんばかりの拍手だった。(笑)



豆知識

初切(しょっきり)相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する見世物で、相撲の取り組みの前に、決まり手四十八手や禁じ手を紹介するために江戸時代から行われた。

相撲甚句(すもうじんく)昔は甚句のことを型と呼んでいて、土俵の上で攻める型、守る型を見せながら唄っていたが、現在は化粧廻しを付けた力士6~7人が輪になり、一人ずつで唄われる力士独特の唄。手拍子・足の音頭に合わせて唄っている。

大銀杏(おおいちょう)相撲の伝統的な様式美のひとつで、土俵入りなどの公式行事などの正式な髪型である。髷を元結で結んだ先端の部分を「ハケ」といい、これの形が銀杏の形に似ているので、大銀杏の名がついた。大銀杏は、力士の伝統美と風俗を伝承していく意味と、頭部を保護して障害を防ぐ意味がある。





[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-12-09 13:46 | Comments(0)

6回目の入院

11月28日()午前2時 母は救急車で日之影町立病院に入院しました。


その数日前から母は「きちい(きつい)きちい」「なんでこんげっきちいっちゃろかい」と言っていたが、母の口癖だと思っていたし、三日前の月曜日の定期健診では異常がなかったので、火曜日は普通にデイサービスに出かけ、その日の夕食も普通に食べて就寝した。しかし11時頃から「胸が痛い、息が苦しい」と訴えるので、痛み止めを飲ませて、様子をみることにしたが、午前1時頃、また不調を訴えるので、どうしたものかと困ってしまった。見た目には顔色もいいし、熱もない。夫は出張中で相談する人もいない。どうしたらいいか分からず、少し強い口調で、「どうしたらいいか、わからん!」と母に言ったら、「ごめんね」と母に謝られてしまった。


やっぱり救急車を呼ぶべきだと、119番へ電話した。車が来るまでの間にパジャマなどの用意をしたが、どうやって救急車に乗り込んで、病院に着いたのか、さっぱり記憶がない。娘の話によると、私は「動揺してます。記憶がないので、動揺してます」と言っていたらしい。病院のドクターからの説明もよく覚えていない。病院から家までは近いので、3時頃に歩いて帰っていたら、娘が車で迎えにきてくれた。


その後10時頃病院へ行ってみたら、母は観察室に寝かされていた。鼻から酸素を吸引して、導尿がしてあった。母は「大分楽になった」と言っていた。別のドクターの話では、肺に水がたまっていて、それを抜く処置をしたそうだ。前回もいつ症状が急変するかもしれないと言われていたのだが、今回も高齢だしいつ急変してもおかしくないと言われた。


三年前、急性心筋梗塞で、県立病院へ搬送された時、高齢なので、手術はしないで、薬で対応することにした。それが「きつい、きつい」と言いながら、生活している。もし手術をしていたらすたすたと歩いていたのだろうかと、考えてしまう。88歳が91歳になり、食欲はあるけど、ますます体力は落ちている。


母は去年の暮れから5回の入退院を繰り返している。今度で6回目だ。夏の入院で歩けなくなっていたのを、頑張って一人でトイレに行けるようになっていたのに、また入院が長引けば、歩けなくなり、寝たきり一直線になるのではないだろうか?




[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-12-01 16:56 | Comments(0)

蕎麦の収穫

e0173655_16193454.jpg
去年は3kgの蕎麦の実をまいて約10kgの蕎麦粉を収穫した。

今年は何キロまいたか分からないが、3倍くらいの実がなった。台風で倒れた蕎麦をていねいに手作業で刈り取って、ひとかかえづつ束ねて、土手に干した。

1週間くらいして、脱穀をした。なにしろ、素人なので、道具も揃っていない。夫と二人で棒でたたいていたら、近所の農家の人が軽トラで通りかかって、めぐり棒というたたくための道具や、風選機があることを教えたくれた。その日はすでにたたき終わっていたので、茎を指ですくようにしたり、ゆすったりして、種を落とした。

その後はザルですくって、ゆすって、実とその他を選別していく。細かい泥や茎や葉っぱが混ざっている。それらをテミ?に入れて上下にふるうと、軽くなった茎や葉っぱが飛んでいく。これを風選機でやるといいらしい。

菱形の実をまたまた日に干して、製粉所に頼む。去年の10kgの蕎麦粉でも余ったのに、今年は3倍くらいの粉がとれると思う。どうしよう~~(笑)

*写真の上の樹木は、栗とゆずの木で、よその家の物です。




[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-11-26 16:45 | Comments(0)

宮崎県地球温暖化防止活動推進員

なんだかよくわからないうちに、河野俊嗣宮崎県知事に委託されて、宮崎県地球温暖化防止活動推進員になって二年になる。よく宮崎や都城では講習会があるのだが、なかなか行けないので、延岡である時には必ず参加しょうと思っている。先日「風呂敷包み方、結び方講習会」があったので、出かけてきた。


環境問題への効果

レジ袋1枚を約8g~10gとすると、スプーン1杯分(約16~18ml)の原油を使うとされています。また、製造過程で30g、焼却過程で31gの二酸化炭素を排出するため、1枚のレジ袋を使用しないと61gの二酸化炭素の排出抑制ができます。環境省によると、現在日本で年間約300億枚のレジ袋が使われ、原油に換算すると約60万キロリットルに達し、ゴミとして出される量は約60万トンにもなるという。このため、買物に際してレジ袋の利用を止め風呂敷へ転換すると、二酸化炭素とゴミの削減効果があり、個人レベルで日常的に貢献でき、ひいては地球温暖化防止に貢献することにつながります。(レジメからの引用です。)


風呂敷の結び方はまず、「真結び」と「ひとつ結び」の練習からで、最近は真結びのできない人が増えているらしいとのことだった。正しく真結びをすると、するりと結び目が解けるのは驚きだった。


基本的な平包みや、すいか包み、びん1本、2本の包み方、ティシュケース包み、トートバック、花包みなどを習った。


帰りにスーパーで買物をした時、早速レジ台で、籠に風呂敷を広げて精算してもらった。いつもならレジ袋2枚は使うところだったので、122gの二酸化炭素排出の抑制ができ、地球温暖化防止に微量の貢献ができたということだ。

しかし、今日地域のお祭りがあり、食べ物の屋台がたくさん出ていたが、すべて発泡スチロールの容器に、プラスチックのスプーン、レジ袋なのが多量に使われていた。これらはすべて焼却処分されて、二酸化炭素が排出されるのだろうな・・・・・



[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-11-18 17:05 | Comments(0)

調味料棚

以前から、調味料をびんに入れて飾りたいと思っていた。冷蔵庫の横の作業台の上、上の棚から吊るして、作業台の空間が広く使えるようにしたかった。自分では大工仕事ができないので、ニトリで飾り棚を買ってきて、ガラスびんを並べてみた。

e0173655_13342162.jpg

これでもいいのだけど、少し窮屈でびんが取り出しにくい。やっぱり上から吊るしたい!
夫に頼むしかないなと、大きなカレンダーの裏に実寸大の設計図を描いて渡した。

夫は図を一瞥すると、「上から吊るすのは不安定だ」と言って、ホームセンターに行って金具を買ってきて、さっさと台置き式で作り始めた。
e0173655_13521928.jpg
私の想像していた棚とは違うけど、自分ではできないので、いいとするか(**)

それにしても、男の人は、どうして、無骨で頑丈一点張りのものを作りたがるのだろう?(笑)



[PR]
# by kimiyone-chan | 2018-11-12 14:02 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る