人気ブログランキング |
ブログトップ

ねーちゃんのひとり言

4月9日(火)晴れ その2

今回の旅行の目的の一つが「釣り」だったが、明日は低気圧が近づいていて、大荒れの予報だった。でも御宿パパが夫に、近くの海岸で釣りの手ほどきをしてくれた。私は御宿ママとゆっくりおしゃべり。明日お天気が良かったら、男性組は朝4時に起きて1時間程ルアー釣りをして、それから女性組と勝浦の朝市に行く予定だった。


今夜の宿は、郷土料理の宿”マタエム”地どれの海鮮の料理が有名で、釣り客やサーファーなど県外からのお客さんが多いそうだ。7時からの夕食には食べ切らないほどの料理が並んだ。伊勢海老の刺身やサザエのつぼ焼き、金目鯛の煮付け、想像できる全ての料理がならんだように思う。でも、60代の二人では食べ切れなかった。



# by kimiyone-chan | 2019-04-20 22:26 | Comments(0)

4月9日晴れ その1

今日はレイナの小学校の入学式だった。新入生は150人で5クラスあるそうだ。式にはレイナと両親が参列して、私達と婿殿のご両親(御宿両親)は1時からの会食で合流することになった。低学年のうちにPTAの役員をやっておきたかった娘は、くじで選ばれなかったそうだ。


会食の後、私と夫は御宿両親の車で御宿へ向かった。千葉市から御宿まで約2時間。車中で勝浦の 鯛の浦 へ行こうということになった。鯛の浦は日蓮上人の生誕の地で、深海魚の鯛を目近で見ることができる。スマホで遊覧船の最終時間を調べると、15:50、後20分しかなかった。間に合うかどうかギリギリの時間だったが、御宿パパの機敏な運転で、出港1分前の遊覧船に飛び乗った。(笑)

e0173655_17420092.jpg

海面一杯に赤い鯛が盛り上がってくる図を想像していたら、なにやら大きな黒い魚が浮かび上がってきた。えっ何、鯛???と思っていたら、ヒラマサという魚だそうだ。その後からピンク色をした美しい鯛も数匹浮上してきた。綺麗だった。天然記念物に指定されているので、誰も釣らないし、船頭さんが餌を投げるので、エンジンの音を聞いただけで、いろんな魚が集まってくるそうだ。

e0173655_17421716.jpg


その後御宿の”月の沙漠”の像を見物した。

♪月の沙漠をはるばると  旅のらくだがゆきました

  金と銀とのくらおいて  二つならんでゆきました ♪

御宿町は 月の沙漠の作詞家 加藤まさを氏が晩年をすごした町です。


# by kimiyone-chan | 2019-04-18 17:46 | Comments(0)

4月8日(月)曇

今日は娘と孫と一緒に八街の妹の家へ行くつもりだったが、ミヅキの体調不良のため、夫と二人で出かけた。


千葉駅から八街駅までJRに乗車。駅前の”千葉銀行”へ行った。八街の家の固定資産税を払うための通帳(家を売却して必要がなくなった)その解約のためだった。今回の旅行をまかなえるくらいの現金が手元に戻った。


その後義弟に迎えに来てもらい、以前住んでいた文違の家の様子を見に行った。建物の外観はそのままだったが、駐車場に車があったので、もう誰かが住んでいるのかもしれない。夕食まで時間があったので、佐倉城跡公園の散歩にも連れて行ってもらった。曇り空の中の桜見物もなかなか良かった。


妹は頚椎の変形で神経が触って、肩から指先までズキズキと痛むそうだ。痛み止めも効きにくいそうで、可哀相だった。




# by kimiyone-chan | 2019-04-16 21:34 | Comments(0)

4月7日(日)晴れ

ミヅキの体調が回復した。お天気も上々だし、東京ディズニーシーへ出かけることにした。


マンションから京葉線の千葉みなと駅までタクシーで5~6分。舞浜まで各停で30分くらい。舞浜からモノレール5分くらいでディズニーシーに着いた。入場券売り場はすいていたが、中は春休み最後の日曜日ということで、沢山の人だった。ちなみに、私と夫のワンデーパスパートはシニア割りで6700円だった。


場内はどこもかしこも大賑わいで、30分から60分待ちというには当たり前だった。若いカップルや親子連れや外国人が多くて、食事をするのも、トイレも並ぶし、田舎でのんびり暮らしている身には大変だった。中央のハーバーで楽しそうなショーをやっていたのだが、周りを取り囲んだ大人の影になって、子供の視線ではよく見られないと思った。あまりにも混んでいたので、(娘に言わせると、激混みではないと言っていた)夫と「もう来ることはないかもね」と話していた。


ところが、二日後の「マツコの知らない世界 4月9日放送~東京ディズニーシーの世界②」 を見たら考えが一変した。お金と時間をかけて楽しむためにでかける場所は、それなりに勉強して、準備して出かけるべきだと思った。



# by kimiyone-chan | 2019-04-14 22:08 | Comments(0)

4月6日(土)晴れ

今日は母を青雲荘に預けて、上京する日だ。母には青雲荘に泊まってもらうことは、しばらく言わなかった。寂しがるし、不安がる事は分かっていたからだ。三日前に「お母さん、今度の土曜日から、お父さんと二人で、千葉に行ってくるよ」と言ったら、「私はどこに行けばいいと」と言った。「青雲荘に頼んであるよ」「あら、そう」


熊本空港発の飛行機の出発時間は12:50だったので、10時までには青雲荘へ連れていかなければならない。8時頃から身支度をさせ、食事をさせ、準備をして出かけた。ホームでは簡単な面接があった。「今日の調子はどうですか」「普通です」「好き嫌いはありますか」「別にないです」母は質問に即答していた。職員さんが「Aさんはしっかりしてらしゃるから、大丈夫ですよ」と私に言った。そうか母はしっかりしているんだ。ここは普通の会話もできないような人の面倒を見る施設なんだ。出発の時、母は少し寂しそうな顔をしていたが、「じゃあね、行ってくるよ」と手を振ると、「じゃあね、行ってらしぃ」と手を振って答えた。


ランチは日本蕎麦。冷酒も頂いた。お土産に”馬刺し”を買った。飛行機は定刻より少し遅れて羽田に到着。ここから千葉まで私はいつも高速バスを利用するのだが、夫はなぜかモノレールとJRを使う。時間がはっきりするのがいいらしい。私は乗り換えなしのバスのほうがいいと思っている。


ともかく16時過ぎにJR千葉駅に到着した。千葉駅は何年も改築していて、ようやく出来上がったところで、構内にいろいろなお店ができていた。列車のホームから、一階上がって、改札を出て、もう一階下がると駅のコンコースになっていたと思う。私一人なら、構内を隈なく探検するのだが、夫がいるとそれも面倒なのでやめた。


駅から車で10分くらいの所に、三女のマンションがある。14階建ての10階が住まいで、思いの外広々していた。見晴らしもいいし、風通しも良かった。すぐ近くにスーパーもあり買物も便利そうだった。孫の小学校まで徒歩20分くらいだそうだ。


孫のミヅキの体調があまり芳しくない。鼻水がでて、微熱がある。明日のディズニーシーはどうなるだろう。




# by kimiyone-chan | 2019-04-13 22:31 | Comments(0)

母をショートステイ(短期入所生活介護)に預けて

今年の1月、ケアマネさんに、母を数日青雲荘(ショートステイ)で預かってもらえないかと相談したら、3か月前からの予約が必要とのことだった。そこで、4月の孫の入学式にあわせて、4月6日(土)から11日(木)まで、私と夫の二人で千葉へ行けることになった。


航空券も早目に購入した。JAL二人で往復4万円ちょっと。格安航空券もあったが、時間があわなかった。
千葉にいる三女とラインで旅の計画を練った。

「東京ディズニーランドいきたいよね」「いいね」

「でもお父さんそんなとこ嫌いだよね」「自然が好きだからね」

「シーならお酒が飲めるから、いいんじゃない」「そうね」

「なにかお父さんの喜ぶことしたいね」「お父さん、釣りがしたいって」

「釣りなら、御宿のお父さんが得意だよ」「頼んでもらえる」「いいよ」

「私は釣りしないから、勝浦の朝市にでもいこうかな」


ということで、孫の入学式を挟んで、「東京ディズニーシー」と「御宿・勝浦コース」が決まった。8日は八街の妹の家にも泊まることにした。10日は東京で中学校のミニ同窓会も決まっていた。


母を人様に預けて、楽しい計画満載で、5泊6日の旅行が始まった。

続く


# by kimiyone-chan | 2019-04-12 15:52 | Comments(0)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。