私の年金

2ヶ月ほど前「老齢年金の請求手続きのご案内」という緑色の封書が届いた。ざっと読んでみたが、いや読もうとしたが、なんのことやら分からなかった。ただ振込先の銀行を決めて、誕生日の前日から申し込みができることは分かったので、その日に延岡年金事務所に相談に行くことは決めておいた。


私は国民年金だけなので、月額は七万円弱だとは分かっていた。繰り下げにして66歳からの支給にしようかと考え、そのことを相談したかった。まず65歳から支給の場合は年額83万●●円で、月額6万9千丸●●円。その場合夫に加算されていた約40万円の家族手当が無くなるとのこと。66歳支給の場合は年額90万●●円で月額7万5千●●円ということだった。だだ累算額が同じになるのは15年後の80歳の時ですよと言われ、どうしますかと聞かれたが、どうしますかと言われても80歳以上生きていれば元がとれるけど、その前に死んだら元がとれませんよと言うこただと思って、なんとも分からなかった。80歳くらいまでは生きていたいものだが、人生なにがあるか分からない。(母は90歳、義母は100歳、父は85歳で亡くなり、妹は58歳で亡くなった。同級生もすでに10人くらい亡くなっている)


66歳支給にした場合、この一年は夫の年金も減り、私には収入がなく、介護保険も払わなければならないことになる。それでも70歳になった時月額が69000円より75000円の方がいいような気がして、一年繰り下げにしようと申しこんだ。何度説明を受けても数字が頭の中をぐるぐる回るだけで、よく分かったのか分からなかったのかも分からなかった。


帰りの車の中で、この一年80万なくても生活できるし、来年からはほかの人より月額6千円多いんだし、80過ぎまでは生きているだろうし、でもね~なんか割り切れないよね~いまさら65歳にしますとも言えないよね~と考えながら帰宅した。


帰宅したら、年金事務所から66歳支給の場合は来年手続きにきてもらわなければならないという電話があった。今年用意した戸籍謄本(全部事項証明書)や住民票(世帯分・住民コード付き※続き柄などの省略のないもの)が無駄になるとのことだった。住民票等の代金750円は惜しくはないが、なんだかいろいろ考えるのが馬鹿らしくなった。65歳支給が普通だし、今年からの受け取りに変更できますかと聞いたら、できるということだったので、そのように頼んだ。


後になって案内書をよくよく見たら、65歳(誕生日の前日)から70歳までの間に 「年金請求書」も受付が可能です。と書いてあった。繰り下げ請求すると、月数に応じて、0,7パーセントきざみで年金額の増額率が決まります。(例)70歳で繰り下げ請求する場合・・・増額率は42パーセントになります。と書いてあった。なんのことやらさっぱり分からないが、遅く受け取ったほうがお得だと言っているように思った。


20歳から60歳まで私はいったいいくら年金を納めたのだろう?しかも34歳くらいからは3号として、納付の実感がない。80歳まで支給されると累積額が12,576,283円と試算されている。たぶん今後減額されるだろうけど、貯金なら限りなく0円に近づくけど、年金は死ぬまで定額が支払われる。ありがたい制度だと思わなければならないと思う。


[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-06-21 12:05 | Comments(0)

ポピーの花見と満月

9日の夕方近所の人から、「ポピーの花見をするよ」と誘われた。
急遽夕飯に準備していたギョウザと蓮根のキンピラとキャベツのサラダを持って参加した。

ポピーは畑の飼料のために植えられたもので、満開にはまだはやかったが、当夜は満月だった。
e0173655_17122039.jpg
西宮水は12世帯だが、中学生以下の子供達が13人いる。持ち寄りのご馳走とアルコール類で、花を愛でていると、あたりがだんだん暗くなり、東の山の端から月が登ってきた。
じいっと見ている間に、月は丸あるく大きな姿を現した。少し赤味がかって見えたが「ピンク・ムーン」と言うのだと教えてもらった。その夜は飛行機雲もあったので、月が一直線の飛行機雲を通過していく様子も見ることができた。また田植えのために水をはった田んぼに満月が写ってとても綺麗だった。カエルの合唱が響き渡り、これでホタルでも飛べば最高だったのにと思った。


[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-06-11 17:26 | Comments(0)

蛍狩り

6月2日は、追川に家族総出で蛍狩りに行った。

私が20台の頃、長谷川でたくさんのホタルの乱舞を見た。まるでクリスマス・ツリーのようだった。そのことが忘れられず、子供達に見せたいものだと、機会があるごとに蛍狩りに出かけたが、長谷川に及ぶものにはまだお目にかかっていない。今年は長女と孫が同居中なので、良い機会だと思った。

追川のホタルも5年くらい前には数が多くて、長谷川の次くらいだと思ったが、今年はやや少なかった。それでも、上弦の月明りの中でみるホタルは、美しかった。


[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-06-05 20:54 | Comments(0)

今年の梅仕事

今年は近所の方からも梅を頂いたので、約25kgの梅を収穫した。
e0173655_13434012.jpg
ちぎった梅は洗って、一晩水に漬けてあくをぬく。

10kgは梅酒に。一瓶に約2.5kgの梅と、1kgの氷砂糖、ホワイトリカーを2本入れるだけ。澄んだ液体にするには傷の無い梅を選んで、一粒一粒丁寧に水気をふき取ったり、へたを爪楊枝で取ったり、氷砂糖を交互に並べたりと、意外と手間がかかるが、自家用なので、そんなのお構いなしで、10個くらいまとめてタオルで拭いて、瓶に入れ、氷砂糖とホワイトリカーをドドドっと投入するだけ。時々瓶をゆすって砂糖の溶け具合をチェックすればいい。3ヶ月待てば飲み頃になる。

梅干は10kg。去年から袋詰めにしている。その方が液の回りがいいように思う。梅干はカビが生え易いので、梅酒よりは扱いを丁寧にする。塩分は20パーセント。Lサイズの密封袋に、へたを取って、丁寧に拭いた梅1kgと塩200gを入れ、よく揉んで、空気を抜き、平らに寝かせる。それを2~3袋重ね、重しをする。(空になったホワイトリカーの容器に水を入れて使うと良い)液が上がるまで、袋をひっくり返して様子をみる。赤紫蘇ができたら、塩でもんで、あく抜きをして加える。その後は新聞紙で包んで、冷暗所で保存する。鮮やかな赤い色は太陽光で退色するので光にあてない方が良い。

残りの5kgはシロップ漬けに。適当に砂糖(白、キビ、キザラ)を混ぜたので、汁が上がるかどうか心配なので、時々瓶をゆすって様子を見よう。汁が上がらない時は少量のホワイトリカーを入れて、呼び水にすると良い。

毎年梅仕事がすむと、そろそろ蛍狩りの季節だなあと思う。




[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-06-01 14:22 | Comments(0)

茶摘み

e0173655_13311023.jpg
毎年ゴールデン・ウィークにする茶摘みが、天候不順と仕事の関係で、今年は5月11日になった。久々の晴天だったがやや強い風が吹いていて、まずまずの茶摘み日和だった。
夫と二人で約5時間 26.4kgの生葉が製茶場で煎ってもらって5,6kgの釜煎リ茶になった。

一昨年までは完全に手摘みだったが、去年から袋のついたはさみを使うようにしたので、多少能率は上がった。

一芯三葉を摘めというけれど、そんな丁寧な仕事はできないので、葉先をむしる様にして収穫した。摘む=むしる時 青臭いお茶の匂いがして、初夏を感じた。

去年まではなんの手入れもしていなかったが、今年の分は少しだけ根元に米ぬかをまいてみた。
ほんの少し味が良くなっているかもしれない(笑)



[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-05-15 13:56 | Comments(0)

本当にフリーなフリーマーケット

GWの3日から7日まで南阿蘇村の雑貨屋さん(名前は忘れた)で、本当にフリーなフリーマーケットがあった。

いつでも、だれでも、何でも、自由に売っていいですよ。場所代無料です。という情報を次女が見つけてきて、彼女が作っているソックスアニマルを売らせてもらった。
e0173655_15452627.jpg
次女の仕事の都合で6日と7日に出店したけど、6日は雨でほとんど売れなかった。7日はいい天気になったので、長女と孫とで応援?に行った。
靴下で作る動物の人形で、私がパッチワークで習ってきたもので、最初はサルだったが、次女がいろいろにアレンジして、ゾウとかカエルとかトリとか作っている。

画面左前列お派手目なサルとウサギ(売却済み)が私作で、後は次女作。
色使いとか、詰め物の按配とか、アクセントのつけ方とか、若い人は違うと思う。

雑貨店のオーナーも気に入って下さって、委託販売してくださることになった。



[PR]
# by kimiyone-chan | 2017-05-11 16:01 | Comments(1)

三姉妹の長女であり、三姉妹の母です。


by kimiyone-chan
プロフィールを見る
画像一覧